« 1ペテロ4:8 愛は多くの罪をおおう | トップページ | 1ペテロ4:11 御霊による奉仕 »

2014年1月29日 (水)

1ペテロ4:9.10 すべては神の栄光のために

4:9不平を言わずに、互にもてなし合いなさい。
4:10あなたがたは、それぞれ賜物をいただいているのだから、神のさまざまな恵みの良き管理人として、それをお互のために役立てるべきである。”(口語訳)

 エペソ2:8-10をもとに記してみます。
私たちキリスト者は、イエス・キリストの贖いの恵みにより、イエス・キリストを信じる信仰によって救われました。このことは、自らの力によるのではなく、神の賜物です。信仰さえも神の賜物なのです。ですから、すべてのことは神から発し、神によって成り、神に至るのです(ローマ11:36)。救いは自分自身から出た行いによるのではありません。それは、だれも誇ることのないためなのです。人間は誇りやすい生き物です。しかし、高ぶりが高じるとサタンと同じ罰を受けることになります(イザヤ14:12-15)。サタンと同じようにならないために、愛なる神様は誇れるものが自分の内に無いようにしてくださったのではないかとさえ私は思います。わたしたちキリスト者は神に造られたものであり、しかも、神が前もって準備してくださった善い業のために、キリスト・イエスにおいて造られたからです。わたしたちは、その善い業を行って歩むのです。

 救いは、100%信仰によりますが、救いに与った者は、神が前もって準備してくださった良い行いを行って歩む者たちなのです。神様をわきに押しやった、博愛主義や人道主義、ヒューマニズム等に基ずく良いと思われる行いではありません。それらは、キリストの裁きの座に置いて何の評価も受けないでしょう。キリストの導きに従い、キリストの御霊の力によってなされていく良き働きだけが神様に在って「良し」と認められるのだと思います。{参照:(1コリント3:13-15)(ヨハネ15:1-8)}

 多くの働きの実を結ぶのは、キリストにつながり、キリストから流れてくるものによるからです(ヨハネ15:5)。それは、父なる神様が栄光をお受けになることでもあります。キリスト者は、食べるにも、飲むにも、奉仕をするにも、何をするにも神の栄光が現わされるような生き方をする必要があると聖書は教えてくれています(1コリント10:31)。

 キリスト者個々人に、それぞれ神様が賜物を与えてくださっておられますが、それは自分の楽しみのためではく、神の栄光のため、即ち、神の教会を建て上げるため、また、神の御名がほめたたえられていくため、キリストの体の一部のである兄弟姉妹達の主にある益のためです。神さまの御旨に従って賜物を用いたとしたら、神様は、それに報いてその時々に応じた祝福、喜びを与えてくださることでしょう。しかし、それを与えられた主にある人は主をほめたたえることでしょう。
かくして、いつも主の御名がほめたたえられるのです。

 <お祈り>
天のお父様
あなたの御名を崇めて感謝します。
いつも聖霊に満たして導いてくださり、あなたの御旨の内を歩ませて頂けますように。
いつもあなたを崇めつつ、いつも喜び、絶えず祈り、すべてのことを感謝しつつ、あなたに在って歩む者であらせて下さい。
主イエス・キリスト様の御名によってお祈りします。
アーメン

« 1ペテロ4:8 愛は多くの罪をおおう | トップページ | 1ペテロ4:11 御霊による奉仕 »

ペテロの手紙Ⅰ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1ペテロ4:8 愛は多くの罪をおおう | トップページ | 1ペテロ4:11 御霊による奉仕 »

カテゴリー

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ