« 1ペテロ4:9.10 すべては神の栄光のために | トップページ | 1ペテロ4:12-14 迫害は珍しくない »

2014年1月30日 (木)

1ペテロ4:11 御霊による奉仕

4:11語る者は、神の御言を語る者にふさわしく語り、奉仕する者は、神から賜わる力による者にふさわしく奉仕すべきである。それは、すべてのことにおいてイエス・キリストによって、神があがめられるためである。栄光と力とが世々限りなく、彼にあるように、アァメン。”(口語訳)

 塚本訳は“(例えば)もし或る人が(預言の賜物を与えられて)語るならば、(自分の言をまじえず、ただ)神の言として(語れ)。もし(また)或る人が(職務を行う賜物を与えられそれを以て)奉仕するならば、(自分の力を以てせず、)神が授け給うた力によって(これを行え)。これはイエス・キリストにより何事においても神が栄光を受け給わんためである。栄光と権力とは代々限りなく彼のものである、アーメン。”と( )内に訳者の挿入を入れて理解し易くしてくれています。

 旧訳聖書の中にあるゼカリヤ書4:6には“すると彼は、私に答えてこう言った。「これは、ゼルバベルへの主のことばだ。『権力によらず、能力によらず、わたしの霊によって』と万軍の主は仰せられる。”とありますが、この神様からの「(この世における、或いは肉におけるあなたの力によらず)わたし〔主〕の霊によって。」というお言葉は、キリスト者全員へのお言葉でもあります。神さまから与えられたご奉仕に与るとき、肉の力は何もなし得ません。それどころか害をなすことも多々あります。
主イエス様が、ヨハネ15章で語られた次のみことばを実感することです。
“15:4 わたし〔イエス・キリスト〕にとどまりなさい。わたしも、あなたがたの中にとどまります。枝がぶどうの木についていなければ、枝だけでは実を結ぶことができません。同様にあなたがたも、わたしにとどまっていなければ、実を結ぶことはできません。
15:5 わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。人がわたしにとどまり、わたしもその人の中にとどまっているなら、そういう人は多くの実を結びます。わたしを離れては、あなたがたは何もすることができないからです。
15:6 だれでも、もしわたしにとどまっていなければ、枝のように投げ捨てられて、枯れます。人々はそれを寄せ集めて火に投げ込むので、それは燃えてしまいます。
15:7 あなたがたがわたしにとどまり、わたしのことばがあなたがたにとどまるなら、何でもあなたがたのほしいものを求めなさい。そうすれば、あなたがたのためにそれがかなえられます。
15:8 あなたがたが多くの実を結び、わたしの弟子となることによって、わたしの父は栄光をお受けになるのです。”

 自己実現のために神を利用するのではなく、神さまの栄光の為に主の霊によって自分の為にではなく主の為に労することを要求されています。その要求に従う者には、結果として、祝福がついて回るのです。

 <お祈り>
天のお父様
あなたの御名を崇めて感謝します。
何をするにも、主の導きに従って、主が与えてくださる力によって、主の為に為していく者であらせて下さい。
主は、その備えをすべて既に与えてくださっておられますから感謝します。
主イエス・キリスト様の御名によってお祈りします。
アーメン

« 1ペテロ4:9.10 すべては神の栄光のために | トップページ | 1ペテロ4:12-14 迫害は珍しくない »

ペテロの手紙Ⅰ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1ペテロ4:9.10 すべては神の栄光のために | トップページ | 1ペテロ4:12-14 迫害は珍しくない »

カテゴリー

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ