« イエス様の十字架上の七つのおことばから教えられたこと | トップページ | 1ヨハネ5:6-13 御子をもつ者は永遠の命をもっている »

2014年8月11日 (月)

1ヨハネ5:6-9 イエスがキリストであることの神の証

5:6このイエス・キリストは、水と血とをとおってこられたかたである。水によるだけではなく、水と血とによってこられたのである。そのあかしをするものは、御霊である。御霊は真理だからである。
5:7あかしをするものが、三つある。
5:8御霊と水と血とである。そして、この三つのものは一致する。
5:9わたしたちは人間のあかしを受けいれるが、しかし、神のあかしはさらにまさっている。神のあかしというのは、すなわち、御子について立てられたあかしである。”(口語訳)

 次に塚本訳を下記します。
“5:6 彼こそ水と血とを経てこられた方、イエス・キリストである。ただ水をもってばかりでなく、水をもってまた血をもって(こられたのである)。(彼が受けられた洗礼の水と、十字架の上に流された血が、彼を神の子と証しするのである。)また御霊(弁護者)が(まことの)証しをするものである。御霊は真理であるからである。
5:7 なぜ(水と血のほかに、御霊の証しがいる)か。(モーセ律法により)証しをする者は三人で、
5:8 御霊と水と血である。そしてこれら三つが一つにな(りイエスが神の子キリストであることを証す)るのである。
5:9 もし人の証を(真実なものとして)受け入れるならば、(御霊と水と血による)神の証しは、もっと有力である。なぜなら、これは神の証しであり、彼が御子について証しをされたのだからである。”

 7節にのもとになっているモーセの律法は、申命記19:15の「どんな咎でも、どんな罪でも、すべて人が犯した罪は、ひとりの証人によっては立証されない。ふたりの証人の証言、または三人の証人の証言によって、そのことは立証されなければならない。」(新改訳)というものです。
これは罪定めする時の条項ですが、ヨハネは物事を立証する条件として用いています。

 新聖書注解によると、「ヨハネが、このことを書いた背景には、ケリントス的グノーシス主義の教えを意識している様である。彼らは、イエスはただの人間であったが、キリストが洗礼の時に彼に臨み、十字架の死の直前に去って行ったと教えた。そこでヨハネは、イエスはキリストであるとし、人性と神性の結合を示し、この神人は水と血の両方を通った方であると指摘する。彼の強調点は<水>ではなく<血>でにある。なぜなら、それは神の御子が人として来られ、贖いを完成したことを示すからである。」とあります。

 ヨハネが、この箇所を記した時、ケリントス的グノーシス主義の主張が念頭にあったのでしょう。いかしそれは、いつの時代にあっても、また、普遍的霊的真理として、三位一体の神が、イエスがキリストであるということを示しすこととなりました。
 1.水:三位一体の第一位格の父なる神は、イエス様がバプテスマのヨハネから洗礼を受けた時、「これは、私の愛する子、私はこれを喜ぶ。」{(マタイ3:17)新改訳}と語られました。
父なる神が、イエス様を「わたしの子」と言われたのです。神のこの御声を聞けた霊性の人達は、イエス様は神の子であることを知ったでしょう。
 2.血:三位一体の第二位格の子なるキリストは、十字架の上で贖いの血を流されました。
血を流すことが無ければ、罪の赦しも、きよめもありません(ヘブル9:22)。
キリストは、ご自分が救い主であることを血によって証言したのです。
 3.聖霊:三位一体の第三位格の聖霊は、イエスがキリストであることを証言したのです(使徒2章)。
見える所では、使徒2章の多くの部分をペテロが語っていますが、これは、ペテロを通して聖霊が語った或いは、聖霊がペテロに語らせたのです(使徒2:33)。

 <お祈り>
天のお父様
あなたの御名を崇めます。
三位一体の神様からの証言をありがとうございます。
この箇所は、クリスチャンがシンボルとして用いてきた魚のマークである「イエス・キリスト神の子・救い主」という内容が現わされていますからとても嬉しく思います。
神様の証しを感謝し、主イエス・キリスト様の御名によってお祈りします。
アーメン

« イエス様の十字架上の七つのおことばから教えられたこと | トップページ | 1ヨハネ5:6-13 御子をもつ者は永遠の命をもっている »

Ⅰヨハネの手紙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イエス様の十字架上の七つのおことばから教えられたこと | トップページ | 1ヨハネ5:6-13 御子をもつ者は永遠の命をもっている »

カテゴリー

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ