« 詩篇139:13-16 私を造られた神 | トップページ | 詩篇140篇 神様に敵対する暴虐を図る者から守って下さいとの祈り »

2015年7月28日 (火)

詩篇139:17-24 正しい歩みをさせてくださいとの祈り

139:17神よ、あなたのもろもろのみ思いは、なんとわたしに尊いこと〔むずかしいこと(新改訳)〕でしょう。その全体はなんと広大なことでしょう。
139:18わたしがこれを数えようとすれば、その数は砂よりも多い。わたしが目ざめるとき、わたしはなおあなたと共にいます。
139:19神よ、どうか悪しき者を殺してください。血を流す者をわたしから離れ去らせてください。
139:20彼らは敵意をもってあなたをあなどり、あなたに逆らって高ぶり、悪を行う人々です。〔「彼らはあなたに悪口を言い、あなたの敵は、みだりに御名を口にします。」(新改訳)、「たくらみをもって御名を唱え、あなたの町々をむなしくしてしまう者。」(新共同訳)〕
139:21主よ、わたしはあなたを憎む者を憎み、あなたに逆らって起り立つ者をいとうではありませんか。〔主よ、あなたを憎む者をわたしも憎み、あなたに立ち向かう者を忌むべきものとし(新共同訳)〕
139:22わたしは全く彼らを憎み、彼らをわたしの敵と思います。〔激しい憎しみをもって彼らを憎み、彼らをわたしの敵とします。(新共同訳)〕
139:23神よ、どうか、わたしを探って、わが心を知り、わたしを試みて、わがもろもろの思い〔思い煩い(新改訳)、悩み(新共同訳)〕を知ってください。
139:24わたしに悪しき道〔傷のついた道(新改訳)、迷いの道(新共同訳)〕のあるかないかを見て、わたしをとこしえの道に導いてください。”(口語訳)

 17.18節には、「神よ、あなたのもろもろのみ思いは、なんとわたしに尊いこと〔むずかしいこと(新改訳)〕でしょう。その全体はなんと広大なことでしょう。わたしがこれを数えようとすれば、その数は砂よりも多い。・・」(口語訳)とあります。神様の御思いをすべてはかり知るなどということは出来るはずも無いことは、宇宙や生命体のなりたちを考えれば誰にでも分かることです。
神様は、私たちに必要なものとして聖書を与えてくださいました。
申命記29:29には「隠されていることは、私たちの神、主のものである。しかし、現されたことは、永遠に、私たちと私たちの子孫のものであり、私たちがこのみおしえのすべてのことばを行うためである。」(新改訳)とあります。
また、私たちに与えられたおことばは、「完全で、正しく、きよい」(詩篇19:7.8)ものです。また、教えられているおことばを正しく理解する為には、思いを変えて頂く必要があることがローマ12:2の「神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい〔be transformed by the renewing of your mind。(NKJV)、」(新改訳)のおことばから分かります。口語訳聖書では、「・・心を新たにすることによって、造りかえられ何が神の御旨であるか、何が善であって、神に喜ばれ、かつ全きことであるかを、わきまえ知るべきである。」と訳されており、心、原語では(ギ)νοῦςで、第一の意味は思考、思いなのです。

 キリスト者の心が、何かを思ったり、感じたり、意思したり、善悪を判断したりするのは、霊、魂、大脳が関与していると現在の私は考えています。
新創造された霊、御霊が来て下さって一つ霊となった霊は、善です。
変えられていない魂は主の御旨に合わない思い、意思、感情に支配されています。
幸いなことに、キリスト者の魂は主に思いを向けていれば、一つまた一つと変えられていきます。更新の洗いを受けているのです。
そして、主の思いと一つにされた思いは、聖なる思いです。
まことの神である主のみが聖なるお方であり、主のものとされた者は、主のものであると聖別され、主の御思いと一つにされたキリスト者の思いは、聖なる思いです。
と今の私は考えています(推測)。

 19-22節には、「神よ、どうか悪しき者を殺してください。血を流す者をわたしから離れ去らせてください。彼らは敵意をもってあなたをあなどり、あなたに逆らって高ぶり、悪を行う人々です。〔「彼らはあなたに悪口を言い、あなたの敵は、みだりに御名を口にします。」(新改訳)、「たくらみをもって御名を唱え、あなたの町々をむなしくしてしまう者。」(新共同訳)〕主よ、わたしはあなたを憎む者を憎み、あなたに逆らって起り立つ者をいとうではありませんか。〔主よ、あなたを憎む者をわたしも憎み、あなたに立ち向かう者を忌むべきものとし(新共同訳)〕わたしは全く彼らを憎み、彼らをわたしの敵と思います。〔激しい憎しみをもって彼らを憎み、彼らをわたしの敵とします。(新共同訳)〕」(口語訳)とあります。
新約時代、キリストを信じて、神の子どもとされたキリスト者の「敵」は、神に敵し、神が愛するキリスト者に敵するサタンとその配下の霊的存在者達です。また内に住む罪の問題もあります。
それぞれに対して対処方法は異なりますが、まず、自分自身を整えて頂く必要があるのです。
詩篇139:23.24に、「神よ、どうか、わたしを探って、わが心を知り、わたしを試みて、わがもろもろの思い〔思い煩い(新改訳)、悩み(新共同訳)〕を知ってください。わたしに悪しき道〔傷のついた道(新改訳)、迷いの道(新共同訳)〕のあるかないかを見て、わたしをとこしえの道に導いてください。」(口語訳)とあるように、御霊によって心を照らしてもらい、主の御旨と異なるところを造り変えて頂くことが大切であると考えます。御霊はみことばを用い、主にある兄弟姉妹達を用い、更には未信者の人達をも用いて、私たちの心を照らしてくださいます。
1ヨハネ1:7には、「・・神が光の中におられるように、私たちも光の中を歩んでいるなら、私たちは互いに交わりを保ち、御子イエスの血はすべての罪から私たちをきよめます。」(新改訳)と記されています。
御霊の光に照らされ、つくり変えられる必要のあるところを造り変えられながら歩む生涯は幸いです。

 <お祈り>
天のお父様。
あなたの御名を崇めます。
御霊様は、私たちが、あなたの御旨にかなっていくようにと、働いてくれていますから感謝します。
いつもあなたの御前にへりくだり、御霊様の光の照らしを感謝しながら、御霊様によって造り変えられ、聖なるあなたにふさわしい者とさせて頂けますよう祝福してください。
主イエス様のきよめの血潮を感謝します。
何から何まで備えて下さっておられる主に感謝し、主イエス・キリスト様の御名によってお祈りします。
アーメン

« 詩篇139:13-16 私を造られた神 | トップページ | 詩篇140篇 神様に敵対する暴虐を図る者から守って下さいとの祈り »

聖化」カテゴリの記事

詩編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 詩篇139:13-16 私を造られた神 | トップページ | 詩篇140篇 神様に敵対する暴虐を図る者から守って下さいとの祈り »

カテゴリー

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ