« マタイ12:38-45 しるしを見ても信じない人々(悪霊の教えも含む) | トップページ | ルカ11:37-44 パリサイ人へのけん責 »

2015年10月17日 (土)

マタイ12:46-50 イエス様の霊の家族

12:46イエスがまだ群衆に話しておられるとき、その母と兄弟たちとが、イエスに話そうと思って外に立っていた。
12:47それで、ある人がイエスに言った、「ごらんなさい。あなたの母上と兄弟がたが、あなたに話そうと思って、外に立っておられます」。
12:48イエスは知らせてくれた者に答えて言われた、「わたしの母とは、だれのことか。わたしの兄弟とは、だれのことか」。
12:49そして、弟子たちの方に手をさし伸べて言われた、「ごらんなさい。ここにわたしの母、わたしの兄弟がいる。
12:50天にいますわたしの父のみこころを行う者はだれでも、わたしの兄弟、また姉妹、また母なのである」。”(口語訳)

 12節に、「兄弟たち」とありますが、イエス様の地上における肉の兄弟と言われていた人達の名前は、マタイ13:55に、ヤコブ、ヨセフ、シモン、ユダと記されています。

 マルコ3:21には、イエス様の母と兄弟たちとが、イエス様を連れ戻しに来た、と次のように記されています。
「イエスの身内の者たちが聞いて、イエスを連れ戻しに出て来た。『気が狂ったのだ』と言う人たちがいたからである。」(新改訳)
新共同訳には、「身内の人たちはイエスのことを聞いて取り押さえに来た。『あの男は気が変になっている』と言われていたからである。」と訳されています。

 地上の両親から生まれただけの人は、霊の世界のことに関して正しく理解する能力を持っていません。それは、神に対して霊が死んだ状態のままであり、神の霊によって新たに生まれるという経験を経ていないからです。神の霊によって新しく生まれることが出来るためには、主イエス・キリスト様を信じる必要があります。主イエス様を信じたとき、神の霊即ち御霊によって、イエス様を信じた人の内に、新たにその人の霊を生まれさせて戴けただけではなく、その霊の中に御霊即ち聖霊様が住んでくださるのです。それ故、聖書は、イエス様を信じた人を「新しく造られた者」と言っています。
以下にこれらの関連聖句を記します。
 ・(ヨハネ3:3-8)
“3:3 イエスは答えて言われた。「はっきり言っておく。人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない。」
3:4 ニコデモは言った。「年をとった者が、どうして生まれることができましょう。もう一度母親の胎内に入って生まれることができるでしょうか。」
3:5 イエスはお答えになった。「はっきり言っておく。だれでも水と霊〔御霊(新改訳)〕とによって生まれなければ、神の国に入ることはできない。
3:6 肉から生まれたものは肉である。霊〔御霊(新改訳)〕から生まれたものは霊である。
3:7 『あなたがたは新たに生まれねばならない』とあなたに言ったことに、驚いてはならない。
3:8 風は思いのままに吹く。あなたはその音を聞いても、それがどこから来て、どこへ行くかを知らない。霊〔御霊(新改訳)〕から生まれた者も皆そのとおりである。」”(新共同訳)
 ・(使徒2:38)
“そこでペテロは彼らに答えた。「悔い改めなさい。そして、それぞれ罪を赦していただくために、イエス・キリストの名によってバプテスマを受けなさい。そうすれば、賜物として聖霊を受けるでしょう。」”(新改訳)
 ・(1コリント6:17)
“・・主と交われば一つ霊となる・・”(新改訳)
 ・(ガラテヤ4:6)
“あなたがたが子であることは、神が、「アッバ、父よ」と叫ぶ御子の霊を、わたしたちの心に送ってくださった事実から分かります。”(新共同訳)
 ・(1コリント6:19)
“あなたがたのからだは、あなたがたのうちに住まれる神から受けた聖霊の宮・・”(新改訳)
 ・(2コリント5:17)
“だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。”(新改訳)
"Therefore, if anyone is in Christ, he is a new creation; old things have passed away; behold, all things have become new."(NKJV)
 ・(1コリント2:9-14)
“2:9 しかし、このことは、「目が見もせず、耳が聞きもせず、人の心に思い浮かびもしなかったことを、神は御自分を愛する者たちに準備された」と〔イザヤ64:4、65:17に(筆者挿入)〕書いてあるとおりです。
2:10 わたしたちには、神が“霊”〔御霊(新改訳)〕によってそのことを明らかに示してくださいました。“霊”〔御霊(新改訳)〕は一切のことを、神の深みさえも究めます。
2:11 人の内にある霊以外に、いったいだれが、人のことを知るでしょうか。同じように、神の霊以外に神のことを知る者はいません。
2:12 わたしたちは、世の霊〔悪しき霊、{参照:1ヨハネ5:19}(筆者挿入)〕ではなく、神からの霊〔御霊(新改訳)〕を受けましたそれでわたしたちは、神から恵みとして与えられたものを知るようになったのです
2:13 そして、わたしたちがこれについて語るのも、人の知恵に教えられた言葉によるのではなく、“霊”〔御霊(新改訳)〕に教えられた言葉によっています。つまり、霊的なものによって霊的なことを説明するのです。
2:14 自然の人〔両親から生まれただけであって御霊によって生まれていない人(筆者挿入)〕は神の霊に属する事柄を受け入れません。その人にとって、それは愚かなことであり、理解できないのです。霊〔御霊(新改訳)〕によって初めて判断できるからです。”(新共同訳)

 イエスがまだ群衆に話しておられるとき、その母と兄弟たちとが、イエスに話そうと思って外に立っていた(46)のを知った人の中から、ある人がイエスに、「ごらんなさい。あなたの母上と兄弟がたが、あなたに話そうと思って、外に立っておられます」(47)よ、と教えてくれた人に、「わたしの母とは、だれのことか。わたしの兄弟とは、だれのことか」(48)とイエス様は言われたのです。
そして更に、弟子たちの方に手をさし伸べて、「ごらんなさい。ここにわたしの母、わたしの兄弟がいる。天にいますわたしの父のみこころを行う者はだれでも、わたしの兄弟、また姉妹、また母なのである」(49.50)と言われたのでした。
肉の世界の親兄弟ではなく、神の霊によって生まれた兄弟姉妹たちこそ永遠に続く兄弟姉妹たちであることを語っています。

 <お祈り>
天のお父様。
あなたの御名を崇めます。
普通、人間は、肉親への情をもっていますが、肉の繋がりはこの世だけのものであることを覚えます。
永遠に続く家族関係は、神の霊によって、新たに誕生した者たちによって構成されるものであることを覚えます。
願わくは、肉における家族も皆救われて、霊の家族としても永遠を共にすることが出来ますように。
使徒16:31の「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたも家族も救われます。」(新共同訳)とのおことばを感謝し、主イエス・キリスト様の御名によってお祈りします。アーメン

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 「それからキリストは来られて、遠くにいたあなたがたに平和を宣べ、近くにいた人たちにも平和を宣べられました。私たちは、このキリストによって、両者ともに一つの御霊において、父のみもとに近づくことができるのです。こういうわけで、あなたがたは、もはや他国人でも寄留者でもなく、今は聖徒たちと同じ国民であり、神の家族なのです。」(エペソ2:17-19・新改訳)
 「神は前もって知っておられた者たちを、御子の姿に似たものにしようとあらかじめ定められました。それは、御子が多くの兄弟の中で長子となられるためです。」(ローマ8:29・新共同訳)

« マタイ12:38-45 しるしを見ても信じない人々(悪霊の教えも含む) | トップページ | ルカ11:37-44 パリサイ人へのけん責 »

救い・救われたい方へ」カテゴリの記事

救いの確かさ」カテゴリの記事

共観福音書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マタイ12:38-45 しるしを見ても信じない人々(悪霊の教えも含む) | トップページ | ルカ11:37-44 パリサイ人へのけん責 »

カテゴリー

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ