« ルカ24:36-43 復活の日の夜の出来事 | トップページ | ルカ24:44-49 イエス様の復活後の教え »

2016年3月15日 (火)

マルコ16:14 見ずして信じる者は幸いである

16:14その後、イエスは十一弟子が食卓についているところに現れ、彼らの不信仰と、心のかたくななことをお責めになった。彼らは、よみがえられたイエスを見た人々の言うことを、信じなかったからである。”(口語訳)

 主イエス様が復活された日の夕方、弟子たちが集まっていた時、トマスはそこにいませんでした。ヨハネ20:24.25には、
“20:24 十二弟子のひとりで、デドモと呼ばれるトマスは、イエスが来られたときに、彼らといっしょにいなかった。
20:25 それで、ほかの弟子たちが彼に「私たちは主を見た」と言った。しかし、トマスは彼らに「私は、その手に釘の跡を見、私の指を釘のところに差し入れ、また私の手をそのわきに差し入れてみなければ、決して信じません」と言った。”(新改訳)と記されています。

 主イエス様のご復活の八日後のことがヨハネ20:26-29に
“20:26 八日後に、弟子たちはまた室内におり、トマスも彼らといっしょにいた。戸が閉じられていたが、イエスが来て、彼らの中に立って「平安があなたがたにあるように」と言われた。
20:27 それからトマスに言われた。「あなたの指をここにつけて、わたしの手を見なさい。手を伸ばして、わたしのわきに差し入れなさい。信じない者にならないで、信じる者になりなさい。」
20:28 トマスは答えてイエスに言った。「私の主。私の神。」
20:29 イエスは彼に言われた。「あなたはわたしを見たから信じたのですか。見ずに信じる者は幸いです。」”(新改訳)と記されています。

 この箇所を読んで、トマスだけが不信仰の様に感じてしまう人がいますが、弟子たち全員が不信仰であったのです。イエス様が十字架につかれる前に、イエス様が死と復活の預言を三度もした(マタイ16:21-28、17:22.23、20:17-19)のに、ほぼ全員がイエス様を見なければ、イエス様の復活を信じることが出来なかったのです。

 イエス様は、40日間天と地を往来していたようです(使徒1:3)が、その間に直接イエス様にお会いした弟子たちは、500人以上に上りました(1コリント15:6)。

 それから後にイエス様の救いに預かっていった人たちは、復活されたイエス様を肉の目で見ることなく信じた人たちです。例外的に、パウロの様にイエス様を見た人や、現代でもイエス様が夢に現れて救われた人etc.がいるようですが、イエス様は、「見ずに信じる者は幸いです。」(ヨハネ20:29)と言われました。
特殊な場合を除き、イエス様を肉の目で見ることはできませんが、聖霊様が信仰を持つことが出来るようにと働いてくださっておられるのです。

 <お祈り>
天のお父様。
あなたの御名を崇めます。
弟子たちは、いつもイエス様と一緒にいてイエス様を見、イエス様の声を聞き、イエス様に触れていましたから、イエス様を見ずに信じることが反って難しかったのではないかと思います。
私たちは、イエス様を肉の目で見ることはできませんでしたけれども、聖霊様が豊かに働いてくださったおかげで、イエス様を信じることが出来ましたことを感謝します。
神様は、常に必要を備えて下さいますから感謝します。
主イエス・キリスト様の御名によってお祈りします。アーメン

« ルカ24:36-43 復活の日の夜の出来事 | トップページ | ルカ24:44-49 イエス様の復活後の教え »

共観福音書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ルカ24:36-43 復活の日の夜の出来事 | トップページ | ルカ24:44-49 イエス様の復活後の教え »

カテゴリー

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ