« 使徒7:23-29 議会におけるステパノの弁明(説教)4 | トップページ | 使徒7:35-43 議会におけるステパノの弁明(説教)6 »

2016年4月14日 (木)

使徒7:30-34 議会におけるステパノの弁明(説教)5

7:30四十年たった時、シナイ山の荒野において、御使が柴の燃える炎の中でモーセに現れた。
7:31
彼はこの光景を見て不思議に思い、それを見きわめるために近寄ったところ、主の声が聞えてきた、
7:32『わたしは、あなたの先祖たちの神、アブラハム、イサク、ヤコブの神である』。モーセは恐れおののいて、もうそれを見る勇気もなくなった。
7:33すると、主が彼に言われた、『あなたの足から、くつを脱ぎなさい。あなたの立っているこの場所は、聖なる地である。
7:34わたしは、エジプトにいるわたしの民が虐待されている有様を確かに見とどけ、その苦悩のうめき声を聞いたので、彼らを救い出すために下ってきたのである。さあ、今あなたをエジプトにつかわそう』。”(口語訳)

 30-34節の箇所は、出エジプト記3:1-10の次の箇所をダイジェストしたものです。出エジプト3:1-10には、
3:1モーセは妻の父、ミデヤンの祭司エテロの羊の群れを飼っていたが、その群れを荒野の奥に導いて、神の山ホレブにきた。
3:2ときに主の使は、しばの中の炎のうちに彼に現れた。彼が見ると、しばは火に燃えているのに、そのしばはなくならなかった。
3:3モーセは言った、「行ってこの大きな見ものを見、なぜしばが燃えてしまわないかを知ろう」。
3:4主は彼がきて見定めようとするのを見、神はしばの中から彼を呼んで、「モーセよ、モーセよ」と言われた。彼は「ここにいます」と言った。
3:5神は言われた、「ここに近づいてはいけない。足からくつを脱ぎなさい。あなたが立っているその場所は聖なる地だからである」。
3:6また言われた、「わたしは、あなたの先祖の神、アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である」。モーセは神を見ることを恐れたので顔を隠した。
3:7主はまた言われた、「わたしは、エジプトにいるわたしの民の悩みを、つぶさに見、また追い使う者のゆえに彼らの叫ぶのを聞いた。わたしは彼らの苦しみを知っている。
3:8わたしは下って、彼らをエジプトびとの手から救い出し、これをかの地から導き上って、良い広い地、乳と蜜の流れる地、すなわちカナンびと、ヘテびと、アモリびと、ペリジびと、ヒビびと、エブスびとのおる所に至らせようとしている。
3:9いまイスラエルの人々の叫びがわたしに届いた。わたしはまたエジプトびとが彼らをしえたげる、そのしえたげを見た。
3:10さあ、わたしは、あなたをパロにつかわして、わたしの民、イスラエルの人々をエジプトから導き出させよう」。”(口語訳)とあります。

 この時の情景は、主なる神様が一人の天使を伴って来られたというよりも、「主の使い」は神の第二位格である神の一人子の御子、即ち肉体を纏った後にはイエスと呼ばれたお方であると考えます。モーセは、最初、御使いが現れたと思ったのだろうと思うのです。4節には、「主は」とあり、7節にも「主は」とありますが、この「主」は、5節では「神」、また、6節には「わたしは、あなたの先祖の神、アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である。」とあることからモーセに現れたのは単なる天使ではなく主の使いとして現れたりする御子であられたのだろうと思います。更に出エジプト3:14には、「わたしは、『わたしはある』という者である。」(新改訳)、"I AM WHO I AM."(NKJV)、「わたしは、有って有る者」(口語訳)と記されていて「主」はヤハウェであることが明確にわかるのです。

 5節に、「神は言われた、『ここに近づいてはいけない。足からくつを脱ぎなさい。あなたが立っているその場所は聖なる地だからである。』」とあります。
このおことばは私を非常に厳粛にさせました。
主の臨在されるところは、「聖」なるところなのです。
モーセは「くつを脱ぎなさい」と言われましたが、なんと、主は、私の内に住んでくださっておられるのです。
1コリント6:19.20に、「あなたがたのからだは、あなたがたのうちに住まれる、神から受けた聖霊の宮〔神殿(新共同訳)〕であり、あなたがたは、もはや自分自身のものではないことを、知らないのですか。あなたがたは、代価を払って買い取られたのです。ですから自分のからだをもって、神の栄光を現しなさい。」(新改訳)とあります。
主は、ご自身が私たちの内に住まわれるために、私たちがイエス様を信じた瞬間に、聖霊によって私たちの霊を誕生させてくださり、その中に住んでくださいました。霊の新生なしに主が私たちの内に永続して住むことなど出来ないことです。

 今日の話は、脱線しっぱなしでしたけれども、ステパノはこの箇所でも律法(聖書)に逆らっているのではないことを弁明し、偽証者たちの訴えを退けています。

 <お祈り>
天のお父様。
あなたの御名を崇めます。
あなた様が与えてくださった豊かな恵みに答えるためにも、霊だけではなく、魂にも体にも主の霊が満ち満ちてくださいますように。
主イエス・キリスト様の御名によってお祈りします。アーメン、ハレルヤ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「あなたがたを召してくださった聖なる方にならって、あなたがた自身も、あらゆる行いにおいて聖なるものとされなさい。それは、『わたしが聖であるから、あなたがたも、聖でなければならない」と書いてあるからです。』」(1ペテロ1:15.16・新改訳)

« 使徒7:23-29 議会におけるステパノの弁明(説教)4 | トップページ | 使徒7:35-43 議会におけるステパノの弁明(説教)6 »

聖化」カテゴリの記事

使徒の働き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 使徒7:23-29 議会におけるステパノの弁明(説教)4 | トップページ | 使徒7:35-43 議会におけるステパノの弁明(説教)6 »

カテゴリー

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ