« 箴言20:27 人の心の中を知っていのは? | トップページ | 申命記5:16.17 十戒6 対人関係に関する命令1/両親に対する尊敬と殺人の禁止 »

2023年1月27日 (金)

マタイ16:13-20 ペテロの信仰告白と、それを受けたイエス様の御言葉2

 マタイ1613-20には次のように記されています。
13 イエスは、フィリポ・カイサリア地方に行ったとき、弟子たちに「人々は、人の子を何者だと言っているか」とお尋ねになった。
14
 弟子たちは言った。
「洗礼者ヨハネだと言う人、エリヤだと言う人、ほかに、エレミヤだとか、預言者の一人だと言う人もいます。」
15
 イエスは言われた。「それでは、あなたがたは私を何者だと言うのか。」
16
 シモン・ペトロが答えた。「あなたはメシア、生ける神の子です。」
17
 すると、イエスはお答えになった。
「バルヨナ・シモン、あなたは幸いだ。あなたにこのことを現したのは、人間ではなく、天におられる私の父である。
18
 私も言っておく。あなたはペトロ。私はこの岩の上に私の教会を建てよう。陰府の門もこれに打ち勝つことはない。
19
 私はあなたに天の国の鍵を授ける。あなたが地上で結ぶことは、天でも結ばれ、地上で解くことは、天でも解かれる。」
20
 それから、イエスは、ご自分がメシアであることを誰にも話さないように、と弟子たちに命じられた。”(聖書協会共同訳)とあります。

 1/23のブログでは、13-17節について書きました。
今日は18節について記そうと思います。

 18a.bには、“私も言っておく。あなたはペトロ。私はこの岩の上に私の教会を建てよう。”(聖書協会共同訳)と記されています。

 この聖句の解釈について、カトリックとプロテスタントでは解釈を異にします。その要点を新聖書注解から箇条書き的に抜粋すると、
“①この節は、カトリック教会によって、「ペテロの首位権」を意味するとされ、その首位権はペテロの後継者であるローマ教皇に継承されたと解釈している。
②カトリック教会の解釈が困難である理由は、
 「岩」({ギ}ペトゥラ)がペテロを指していないことは明白である。
 
ペテロは、{ギ}ペトゥロスで、石またはペトゥラ(岩)からかけた石塊を指す。
 {ギ}ペトゥラは岩盤のことで、石または石塊に使われたことはない。
③この節の「岩」は、ペテロが告白した真理そのものである「生ける神の御子キリスト」である。”となります。


 次に、イエス様を「石」や「岩」と表現しているペテロの手紙の中の聖句を下記します。
1
ペトロ(ペテロ)24-8には次のように記されています。
4 主のもとに来なさい。主は、人々からは捨てられましたが、神によって選ばれた、尊い、生ける石です。
5
 あなたがた自身も生ける石として、霊の家に造り上げられるようにしなさい。聖なる祭司となって、神に喜んで受け入れられる霊のいけにえを、イエス・キリストを通して献げるためです。
6
 聖書にこう書いてあるからです。
「見よ、私は選ばれた尊い隅の親石〔主イエス・キリスト(筆者挿入)〕をシオンに置く。これを信じる者は、決して恥を受けることはない。」
7
 それゆえ、この石は、信じているあなたがたには掛けがえのないものですが、信じない者にとっては、「家を建てる者の捨てた石、これが隅の親石となった」〔イザヤ2816からの引用(筆者挿入)〕のであり、8 また、「つまずきの石、妨げの岩」〔イザヤ814(筆者挿入)〕なのです。彼らがつまずくのは、御言葉に従わないからであって、・・・。”(聖書協会共同訳)とあります。

 ペテロの手紙の上記の聖句を読むと、ペテロ自身が、自分の上に教会が建てられるとは言っておらず、イエス・キリストを信じることの重要性と御言葉に従うことの重要性を述べています。
なおイザヤ2816とイザヤ814は、神ヤハウェ(主)の言葉です。

 またパウロは、「だれも、すでに据えられている土台のほかに、ほかの物を据えることはできないからです。その土台とはイエス・キリストです。」(1コリント311・新改訳初版―第三版)と記しています。

 主イエス様は、「私はこの岩の上に私の教会を建てよう。」と語られました。
さらに建てられた教会について、
エペソ123には、「教会はキリストの体であり、・・。」(2017)とあり、コロサイ118には、「・・、御子はそのからだである教会のかしらです。・・。」(2017)とも記されています。

 またエペソ(エフェソ)220-22には次のように記されています。
20 あなたがたは使徒や預言者から成る土台の上に建てられています。その隅の親石がキリスト・イエスご自身であり、21 キリストにあって、この建物全体は組み合わされて拡張し、主の聖なる神殿となります。22 キリストにあって、あなたがたも共に建てられ、霊における神の住まいとなるのです。”(聖書協会共同訳)とあります。
 20節に記されている使徒と預言者は、「イエスこそキリストですよ」とのべ伝えたのです。

 18節のペテロ(ペトロ)と訳されている語のギリシア語原語は「ペトゥロス」で、ペトゥロスとは、石よりは大きいが岩全体を構成している一片の岩の意です。
また、「この岩」と訳されている「岩」という単語のギリシア語原語は「ペトゥラ」で(塊の)岩の意です。
この個所の「岩」だけに注目するのではなく、聖書中の関連聖句から考えてみると、教会の土台は何なのかということは明白ですね。

 18cには、“陰府(よみ)の門もこれに打ち勝つことはない。”と記されています。
「門」と訳されている語のギリシア語原語は「プーレ」で「門」です。口語訳と新共同訳は「力」と訳しています。
塚本訳は、“黄泉の門[死の力]もこれに勝つことはできない。”と解説をつけて訳しています。
「黄泉(よみ)の門」は、暗闇の王であるサタンの権威や力の象徴です。サタンの権威や力はキリストの十字架と復活によって打ち破られました。

<お祈り>
天のお父様。
あなたの御名をほめたたえます。
イエス様の十字架と復活により、それを信じる私たちにも勝利を与えてくださいましたことを感謝します。
あなたを賛美し、私たちの主キリスト・イエス様の御名で祈ります。アーメン。

« 箴言20:27 人の心の中を知っていのは? | トップページ | 申命記5:16.17 十戒6 対人関係に関する命令1/両親に対する尊敬と殺人の禁止 »

日ごとの恵みⅩ」カテゴリの記事

マタイによる福音書」カテゴリの記事

コメント

〝主のもとに来なさい。主は、人々からは捨てられましたが、神によって選ばれた、尊い、生ける石です〟
イエス様のもとに導いてくださったことを改めて感謝します。
宣教活動をされている方に聖書をいただいても開く事をせず、聖書の御言葉を知るより先に私は教会を訪れ、その空間の中に御聖霊がいたように感じました。
今、御言葉を噛みしめながら歩ませていただける事に感謝します。
大勢の他の方とは異なっていたり、順番が異なっていたりすることが多いので、その都度、不安になったりしますが続けてゆく事で色々が変わってゆけるのだと少し自信が持てます。
先にあるものに対して、中々踏み込めなかったりする気持ちが焦りとなってしまったりしても、聖書を学ぶことで落ち着きを取り戻してもらえ感謝します。

ハレルヤ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 箴言20:27 人の心の中を知っていのは? | トップページ | 申命記5:16.17 十戒6 対人関係に関する命令1/両親に対する尊敬と殺人の禁止 »

カテゴリー

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ