« マタイ16:21-23 思いの中心が神より人の危険(マタイ16:21-23) | トップページ | 詩篇53篇 無神論者の驕(おご)りと不幸 »

2023年2月 5日 (日)

申命記6:1-15 唯一の神ヤハウェ(主)を愛する者の幸いと主から離れる者の不幸

 申命記61-15には次のように記されています。
1 これは、あなたがたの神、主〔ヤハウェ(筆者挿入)〕があなたがたに教えられた戒め、掟と法であって、あなたがたが渡って行って所有しようとしている地で行うべきものである。
2
 あなたも、子も孫も、生きているかぎり、あなたの神、主〔ヤハウェ(筆者挿入)〕を畏れ、私が命じるすべての掟と戒めを守って、長く生きるためである。
3
 イスラエルよ、あなたは聞いて、守り行いなさい。そうすれば幸せになり、あなたの先祖の神、主が告げられたとおり、乳と蜜の流れる地であなたがたは大いに増える。
 4 聞け、イスラエルよ。私たちの神、主〔ヤハウェ(筆者挿入)〕は唯一の主〔ヤハウェ(筆者挿入)〕である。
5
 心を尽くし、魂を尽くし、力を尽くしてあなたの神、主〔ヤハウェ(筆者挿入)〕を愛しなさい。
6
 今日私が命じるこれらの言葉を心に留めなさい。
7
 そして、あなたの子どもたちに繰り返し告げなさい。家に座っているときも、道を歩いているときも、寝ているときも、起きているときも唱えなさい。
8
 その言葉をしるしとして手に結び、記章として額に付け、9 また家の入り口の柱と町の門に書き記しなさい。
10
 あなたの神、主〔ヤハウェ(筆者挿入)〕が、あなたの父祖アブラハム、イサク、ヤコブに与えると誓われた地にあなたを導き入れ、あなたが築いたのではない大きくてすばらしい町、11 あなたが満たしたのではないあらゆる財産で満ちた家、あなたが掘ったのではない水溜め、あなたが植えたのではないぶどう園やオリーブ畑を得て、 食べて満足するとき、12 エジプトの地、奴隷の家からあなたを導き出した主〔ヤハウェ(筆者挿入)〕を忘れないように注意しなさい。
13
 あなたの神、主〔ヤハウェ(筆者挿入)〕を畏れ、主に仕え、その名によって誓いなさい。
14
 他の神々、あなたの周りにいる民の神々に従ってはならない。
15
 あなたの中におられる、あなたの神、主〔ヤハウェ(筆者挿入)〕は妬む神である。あなたの神、主〔ヤハウェ(筆者挿入)〕の怒りがあなたに向けて燃え上がり、あなたが地の面から滅ぼされることのないようにしなさい。”(聖書協会共同訳)とあります。

 イスラエルの歴史を見ると、“心を尽くし、魂を尽くし、力を尽くして唯一の神である主ヤハウェ(主)を愛し”(5)たダビデのような人もいましたし、“他の神々、あなたの周りにいる民の神々に従ってはならない。”(14)と言われていたにもかかわらず、他の神々に従っていった人たちも非常に多くいました。

 他の神々とは、悪しき霊が支配するところの偶像です。偶像を礼拝することを繰り返し行ったゆえに、北イスラエル王国はアッシリアに滅ぼされ(2列王記175-23参照)、南イスラエル(ユダ)王国はバビロンに滅ぼされたのでした(2歴代誌3611-20参照)。

 イエス様が地上におられた時代、ファリサイ派(パリサイ人)やサドカイ派の人たちは、いつもイエス様を亡き者にしようと努力していました。
 マタイ2234-36には次のように記されています。
34 ファリサイ派の人々は、イエスがサドカイ派の人々を言い込められたと聞いて、一緒に集まった。35 そのうちの一人、律法の専門家が、イエスを試そうとして尋ねた。36 「先生、律法の中で、どの戒めが最も重要でしょうか。」”(聖書協会共同訳)とあります。
 恵みと誠に満ちておられるイエス様(ヨハネ114)は、質問者の、罠にかけようとする悪しき心の状態からの質問にも、真理に基づいて、「心を尽くし、魂を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。」(マタイ2237・聖書協会共同訳)と答えたのでした。
この御言葉は、申命記65の聖句がもとになっています。
申命記65の聖句は、“心を尽くし、魂を尽くし、力を尽くしてあなたの神、主〔ヤハウェ(筆者挿入)〕を愛しなさい。”(聖書協会共同訳)となっていますが、「力」と訳されている個所を主イエス様は、「思い」と述べています。
申命記65の聖句の中の「力」と訳されているヘブライ語原語は「メオド」で、原義は、熱意、熱情、激しさ、の意です。そして、力、とも訳されます。
主イエス様が、「思い」と述べられた語のギリシア語原語は「ディアノイア」で、深い考え、(意識・思考などを担う)心、の意です。前田訳は、意志、と訳しています。

 「あなたの神である主を愛しなさい。」とあります。
人との関係でも「愛」は大切ですが、神様との関係でも「愛」はとても大切です。
イエス様は次のように語られました。
「わたしの戒めを保ち、それを守る人は、わたしを愛している人です。わたしを愛している人はわたしの父に愛され、わたしもその人を愛し、わたし自身をその人に現します。」(ヨハネ14212017)と。

 箴言8章の「知恵」は、イエス様を擬人化したもの、とよく言われますが、箴言817には、「わたしを愛する者を、わたしは愛する。」(2017)と記されています。

 また1サムエル230には、“・・──イスラエルの神、主のことば──・・・。わたしを重んじる者をわたしは重んじ、わたしを蔑む者は軽んじられる・・。”(2017)と記されています。

 また、詩篇9114-16には次のように記されています。
14 彼がわたしを愛しているから、わたしは彼を助け出す。彼がわたしの名を知っているから、わたしは彼を高く上げる。
15
彼が、わたしを呼び求めれば、わたしは、彼に答える。わたしは苦しみのときに彼とともにいて、彼を救い彼に誉れを与える。
16
わたしは、彼をとこしえのいのちで満ち足らせ、わたしの救いを彼に見せる。”(2017)とあります。

<お祈り>
天のお父様。
あなたの御名をほめたたえます。
愛の出どころはあなたです。
あなたとの交わりの中で、ますます愛を知り、愛をいただいて、あなたを愛して歩み続ける者であらせてください。
私たちの主キリスト・イエス様の御名で祈ります。アーメン。

« マタイ16:21-23 思いの中心が神より人の危険(マタイ16:21-23) | トップページ | 詩篇53篇 無神論者の驕(おご)りと不幸 »

日ごとの恵みⅩ」カテゴリの記事

コメント

イエス様に救われ、何時も共にいてくださっている所から、今度は、イエス様を愛してゆくことを薦められている様に思いました。

愛そう愛そうとしなくて良いのです。
その様にするのは無理があります。
主との交わりが深まっていくと自然に主を愛するようになっていきます。

何事も自然の流れが大事なのですね。
教えてくださり、ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マタイ16:21-23 思いの中心が神より人の危険(マタイ16:21-23) | トップページ | 詩篇53篇 無神論者の驕(おご)りと不幸 »

カテゴリー

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ