« 箴言21:30 人の知恵と主なる神の知恵 | トップページ | 申命記9:1-6 強敵アナク人に勝利するためには/主の御名による勝利 »

2023年3月20日 (月)

マタイ18:21-35 あなたは赦されたのだから赦しなさい

 マタイ1821-35には次のように記されています。
21 その時、ペトロがイエスのところに来て言った。
「主よ、きょうだいが私に対して罪を犯したなら、何回赦すべきでしょうか。七回までですか。」
22
 イエスは言われた。
「あなたに言っておく。七回どころか七の七十倍まで赦しなさい。
23
 そこで、天の国は、ある王が家来たちと清算をしようとしたのに似ている。
24
 清算が始まると、一万タラントン〔タラント(2017)〕借金している家来が、王の前に連れて来られた。
25
 しかし、返済できなかったので、主君はこの家来に、自分も妻も子も、また持ち物も全部売って返済するように命じた。
26
 家来はひれ伏し、『どうか待ってください。きっと全部お返ししますから』と懇願した。
27
 家来の主君は憐れに思って、彼を赦し、借金を帳消しにしてやった。
28
 ところが、この家来は外に出て、百デナリオン貸している仲間の一人に出会うと、捕まえて首を絞め、『借金を返せ』と言った。
29
 仲間はひれ伏して、『どうか待ってくれ。返すから』と頼んだ。
30
 しかし、承知せず、行って、借金を返すまでその人を牢に入れた。
31
 仲間たちは、事の次第を見て非常に心を痛め、主君に一部始終を報告した。
32
 そこで、主君はその家来を呼びつけて言った。『不届き者。お前が頼んだから、借金を全部帳消しにしてやったのだ。
33
 私がお前を憐れんでやったように、お前も仲間を憐れんでやるべきではなかったか。』
34
 そして、主君は怒って、借金を全部返すまで、家来を拷問係〔2017は「獄吏」、ギリシア語原語は「バサニステース」で「苦しめる人」の意(筆者挿入)〕に引き渡した。
35
 あなたがたもそれぞれ、心からきょうだいを赦さないなら、天の私の父もあなたがたに同じようになさるであろう。」”(聖書協会共同訳)とあります。

 21.22節には次のように記されています。
21 その時、ペトロがイエスのところに来て言った。主よ、きょうだいが私に対して罪を犯したなら、何回赦すべきでしょうか。七回までですか。」
22
 イエスは言われた。
「あなたに言っておく。七回どころか七の七十倍まで赦しなさい。」”とあります。

 マタイ1815には、「兄弟があなたに対して罪を犯したなら、行って二人だけのところで忠告しなさい。言うことを聞き入れたら、兄弟を得たことになる。」(新共同訳)というイエス様のおことばがありました。ペテロは、この節を受けて21節の質問をイエス様にしたのだろうと思います。

当時、ユダヤ教のラビたちが教えていた赦しについての教えは、三度まで、ということであったそうです。三度まで赦すのも大変なことですが、ペテロは少し気張って七度まで赦せばよいのでしょうか、と尋ねました。
ところが、イエス様は、「七回どころか七の七十倍まで赦しなさい。」と言われたのです。これは、7×70490回まで赦すということでしょうか。
イエス様が言われたのはそういうことではなく、7は完全数ですから、「兄姉が罪を悔い改めて赦しを求めてきたのならば何回でも赦しなさい」ということを言われたのだろうと思います。

 23-34節の大部分は、イエス様が地上におられたころの例を引き合いに出したものなのでしょう。
しかし恐ろしいことに、23節の冒頭には、「そこで、天の国は」とあるのです。ギリシア語聖書では、天にも、国にも定冠詞がついています。まさしく神の王国です。
23-34
節に記されているイエス様のたとえ話は読めば理解できると思います。
恐ろしいことですね。

 24節には、“清算が始まると、一万タラントン(タラント)借金している家来が、王の前に連れて来られた。”とあります。
1タラントは6000日分の労賃故、10000タラントは6千万日分の労賃で、164,271年分の労賃です。

 おそらく私の場合も、神様から見たら、神様に対して10000タラントの借金に相当する罪を犯したのだろうと思います。口のことば、心の思い、実際の行動、主への不従順等、自分ではそれほどの回数の罪を犯したとは思ってはいなくても、聖なる神様が私を見たらそのような回数に見えるのだろうと思います。
しかし、そのようなすべての罪をイエス・キリスト様は、十字架上で支払ってくださいました。
まさしく、27節の「家来の主君は憐れに思って、彼を赦し、借金を帳消しにしてやった。」という個所に相当します。

 私は、全ての負債が帳消しにされたので、主に感謝し、「ハレルヤ!」と叫ぶのです。
しかし、その私が、私に対する兄姉の罪を赦さなかったとしたらどうなるのでしょう。

 その答えの譬え(たとえ)は、28-34節に記されています。
恐ろしい内容ですね。
そして、まとめの35節には、「あなたがたもそれぞれ、心からきょうだいを赦さないなら、天の私の父もあなたがたに同じようになさるであろう。」というイエス様の御言葉があるのです。

 このようなイエス様の御言葉はここだけではありません。
主の祈りを教えてくださった直後のイエス様の御言葉は次のように記されています。
「もし、人の過ちを赦すなら、あなたがたの天の父もあなたがたをお赦しになる。しかし、もし人を赦さないなら、あなたがたの父もあなたがたの過ちをお赦しにならない。」(マタイ614.15・聖書協会共同訳)とあります。

 恐ろしいことです。
この真理を知っていたら、みんな赦してしまうことでしょう。

 心から赦すことが出来るための布石として、神の御前において、自分かどれほどひどい罪人なのか、ということを主に教えていただく必要があるのかもしれません。

 幸いなことに、神様は、イエス・キリスト様が十字架上で流された血の故に、1ヨハネ19を適用すれば、どこまでも赦してくださる方ですから感謝です。イエス様はすべての罪を身代わりに負ってくださいました。
神様は義なるお方ですから、イエス様が流された血の故に、神様に罪を告白すれば、神様が赦すと言われたのですから、神様は必ず赦さなければならないのです(1ペテロ224、1ヨハネ19)。
義であるということは、うそをつかない、ということも含まれるからです。
パウロは、2コリント119で、“神の子キリスト・イエスは、「はい」と同時に「いいえ」であるような方ではありません。この方においては「はい」だけがあるのです。”(2017)と記しました。

<お祈り>
天のお父様。
あなたの御名をほめたたえます。
あなたが御子イエス様を私たちの罪の贖いのために地に送ってくださらなければ、私たちの行く場所は、火の池でした(黙示録2015)。
あなたはイエス様を信じた私たちに言われます。
「互いに親切にし、憐れみの心で接し、神がキリストによってあなたがたを赦してくださったように、赦し合いなさい。」(エペソ432・新共同訳)と。
エペソ432の御言葉のように歩み続ける者であらせてください。
私たちの主キリスト・イエス様の御名で祈ります。アーメン。

« 箴言21:30 人の知恵と主なる神の知恵 | トップページ | 申命記9:1-6 強敵アナク人に勝利するためには/主の御名による勝利 »

日ごとの恵みⅪ」カテゴリの記事

マタイによる福音書」カテゴリの記事

コメント

21節の主よ、の前の鉤括弧が抜けておりましたので、お知らせいたします。
本当に、神様はどんな罪でも告白すればゆるしてくださる事を、とても実感しております。
罪を告白した後、又、罪を犯してしまう事にも気づかされ、「あぁ本当に罪人なのだ」とも実感しております。
他人を心からゆるす時、まず、自分が沢山のイエス様の愛を受け、癒えてからゆるしなさいと言ってくださっていると思いました。感謝です!(この様な時、ハレルヤと使うのでしょうか?)
深く心に傷を負わせた人に対して、ゆるす事は容易い事ではないと思います。それでも、イエス様の愛を受ける事によって、その傷は癒えて、いずれゆるす事ができるのだと思います。それと同時に、自分が傷付きそうな時は自分を大切にしなさい、私のところにきなさいと言ってくださいます。もう一人で背負わなくていい
と言ってくださいます。こんな簡単なんだとは知りませんでしたが、苦しみがあったからこそ、喜びが増します。、
その様な方々が増えてゆくといいなーと思いました。

「・・・を付けておきました。
教えてくださって感謝します。
ハレルヤは、ヘブライ語では、ハーラル ヤーで、「ヤー」はヤハウェ(主)の短縮形です。
ハーラルは、親愛な、貴い、ほめたたえる、賛美する、・・・・等々の意があります。
普通、「ハレルヤ」と言うと、主を賛美せよ、となりますが、私は、主をほめたたえます、の意でも「ハレルヤ」と使っています。

続きという事でしたね。失礼いたしました。
ハレルヤは、その様な意味なのですね。
教えてくださり、ありがとうございます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 箴言21:30 人の知恵と主なる神の知恵 | トップページ | 申命記9:1-6 強敵アナク人に勝利するためには/主の御名による勝利 »

カテゴリー

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ