« 箴言22:28 貪欲の戒め/霊的祝福を実体化していこう | トップページ | 申命記15:1-11 負債の免除に関する規定/主はご自身のからだをもって負債を免除してくださいました »

2023年6月 4日 (日)

マタイ22:41-45 メシア(キリスト)はだれの子か?/神が人となられたお方

 マタイ2241-45には次のように記されています。
41 ファリサイ派の人々が集まっていたとき、イエスはお尋ねになった。
42
 「あなたがたはメシアのことをどう思うか。誰の子だろうか。」
彼らが、「ダビデの子です」と言うと、
43
 イエスは言われた。
「では、どうしてダビデが、霊を受けて、メシアを主と呼んでいるのか。
44
 『主は、私の主に言われた。「私の右に座れ。私があなたの敵をあなたの足台とするときまで。」』
45
 このように、ダビデがメシアを主と呼んでいるのであれば、どうしてメシアがダビデの子なのか。」
46
 これには誰一人、言葉を返すことができず、その日からは、もはや、あえて質問する者はなかった。”(聖書協会共同訳)とあります。

 主イエス様の一行が、エルサレムに来た時、次から次へと主イエス様はユダヤ教の様々な立場にある人々から質問されました。
 主イエス様の権威についての質問をしたのは、祭司長たちや民の長老たちでした。
マタイ2123には、“それからイエスが宮に入って教えておられると、祭司長たちや民の長老たちがイエスのもとに来て言った。「何の権威によって、これらのことをしているのですか。だれがあなたにその権威を授けたのですか。」”(2017)と記されています。

 次は、パリサイ人たちやヘロデ党の者たちが主イエス様に、主なる神に仕えるべきか、カエサルに仕えるべきかという宗教と政治の問題をもって、罠にはめようとしてきました。
マタイ2215-17には、“そのころ、パリサイ人たちは出て来て、どのようにしてイエスをことばの罠にかけようかと相談した。彼らは自分の弟子たちを、ヘロデ党の者たちと一緒にイエスのもとに遣わして、こう言った。「先生。私たちは、あなたが真実な方で、真理に基づいて神の道を教え、だれにも遠慮しない方だと知っております。あなたは人の顔色を見ないからです。ですから、どう思われるか、お聞かせください。カエサルに税金を納めることは律法にかなっているでしょうか、いないでしょうか。」”(2017)と記されています。

 次にイエス様を罠にはめようとして来たのは、復活を信じないサドカイ派の人たちでした。
マタイ2223-28には、
23 その日、復活はないと言っているサドカイ派の人々が、イエスに近寄って来て尋ねた。
24
 「先生、モーセは言っています。『ある人が子がなくて死んだ場合、その弟は兄嫁と結婚して、兄のために子をもうけなければならない。』
25
 さて、私たちのところに、七人の兄弟がいました。長男は結婚しましたが、子のないまま死に、その妻を弟に残しました。26 次男も三男も、ついに七人とも同じようになりました。27 最後にその女も死にました。28 すると復活の時、彼女は七人のうち誰の妻になるのでしょうか。皆その女を妻にしたのです。」”(聖書協会共同訳)と記されています。

 更に次には、パリサイ派の一人の律法の専門家が、律法に関する質問をもってやって来ました。
マタイ2234-36には、
34 ファリサイ派の人々は、イエスがサドカイ派の人々を言い込められたと聞いて、一緒に集まった。35 そのうちの一人、律法の専門家が、イエスを試そうとして尋ねた。
36
 「先生、律法の中で、どの戒めが最も重要でしょうか。」”(聖書協会共同訳)と記されています。

 主イエス様を罠にかけようとしたこれらの質問があった後、今度は、主イエス様の方からファリサイ派の人々(パリサイ人たち)に、主イエス様が質問しました。それが、今日の個所です。再掲します。
41 ファリサイ派の人々が集まっていたとき、イエスはお尋ねになった。
42
 「あなたがたはメシアのことをどう思うか。誰の子だろうか。」
彼らが、「ダビデの子です」と言うと、
43
 イエスは言われた。
「では、どうしてダビデが、霊を受けて、メシアを主と呼んでいるのか。
44
 『主は、私の主に言われた。「私の右に座れ。私があなたの敵をあなたの足台とするときまで。」』
45
 このように、ダビデがメシアを主と呼んでいるのであれば、どうしてメシアがダビデの子なのか。」
46
 これには誰一人、言葉を返すことができず、その日からは、もはや、あえて質問する者はなかった。”(聖書協会共同訳)と記されています。

 主イエス様は、詩篇1101の、“主〔ヤハウェ(筆者挿入)〕は私の主〔ここの「主」は「アドン」。「私の主」は「アドニ」(筆者挿入)〕に言われた。「あなたはわたしの右の座に着いていなさい。わたしがあなたの敵を、あなたの足台とするまで。」”(2017)という聖句を用いたのです。

 ファリサイ派の人々は、メシア(キリスト)がダビデの子孫であることを知っていました(42)。ファリサイ派の人々は、聖書に通じていましたから。

 2サムエル712.13には、“あなた〔ダビデ(筆者挿入)〕の日数が満ち、あなたが先祖とともに眠りにつくとき、わたしは、あなたの身から出る世継ぎの子をあなたの後に起こし、彼の王国を確立させる。彼はわたしの名のために一つの家を建て、わたしは彼〔メシア(筆者挿入)〕の王国の王座をとこしえまでも堅く立てる。”(2017)と記されています。

 ところが、聖書をよく読むと、詩篇1101のような個所もあったのです。
この個所からは、メシアが神であることがわかります。
主イエス様は、「このように、ダビデがメシアを主と呼んでいるのであれば、どうしてメシアがダビデの子なのか。」(45)とファリサイ派の人々に質問されました。

 旧約聖書は、メシア(キリスト)が、人性と神性を持ち合わせていた方であることを啓示していたのです。
それは今日の個所以外にもあります。

 フィリピ(ピリピ)26-8をフランシスコ会訳は、次のように記しています。
6キリストは神の身でありながら、神としてのあり方に固執しようとはせず、7かえって自分をむなしくして、僕の身となり、人間と同じようになられました。その姿はまさしく人間であり、8死に至るまで、十字架の死に至るまで、へりくだって従う者となられました。”と訳しています。

<お祈り>
天のお父様。
あなたの御名をほめたたえます。
神のひとり子の神であられる方が、人性をも持ち、その肉のからだにおいて、贖いを全うしてくださいました。
もし、主の贖いがなければ、私は火と硫黄の池に投げ込まれる運命にありました。
御父の愛と、御子の御功績と、聖霊の御働きを感謝し、私たちの主キリスト・イエス様の御名で祈ります。アーメン。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「・・、神は御子の肉の体において、その死によってあなたがたと和解し、御自身の前に聖なる者、きずのない者、とがめるところのない者としてくださいました。」(コロサイ122・新共同訳)

「我が為 十字架の」(聖歌280 聖歌総合版261
“1.我が為 十字架の悩みと恥を 受けさせ給(たま)いし 我が主の愛よ 血潮の功に 滅びの火より 逃れし我が身は歌わざらめや
2.み胸に憩える心は楽し 御霊に満たされ慰めつきじ 恵みの御言葉 妙なる歌を 聞きうる我が身は歌わざらめや
3.浮世の嵐は吹くともやすし 主の手にまかしし身と魂(たま)なれば 心を覚(さ)まして祈りの内に 日々主を待つ身は 歌わざらめや”

« 箴言22:28 貪欲の戒め/霊的祝福を実体化していこう | トップページ | 申命記15:1-11 負債の免除に関する規定/主はご自身のからだをもって負債を免除してくださいました »

マタイによる福音書」カテゴリの記事

日ごとの恵みⅩⅢ」カテゴリの記事

コメント

人間が神になる事はあり得ない事を改めて認識します。
聖書を読む前は人が良い行いをしたから神様に選ばれ、人の為に死んでしまったイエス様だから、神様に選ばれたという様な認識でした。
簡単な説明としても、全く逆な事であったと思います。学ばなければ間違えて捉え続け、根本が間違えているので、その後の全てを間違えて、生き続けていく事を考えると恐ろしい事だと思いながら学ばせていただきました。

本文の中に「旧約聖書は、メシア(キリスト)が、人性と神性を持ち合わせていた方・・・」と記してありましたが、この”人性”の意味・内容はどのようなものなのでしょうか教えて下さい。小生の理解では、「人の生まれつき。人が本来そなえている自然の性質。(罪を持って生まれた人)」ですが。

mitiko様
良かったですね。
ハレルヤ!

ツトミー様
イエス様の人性は、アダムの堕罪前の人です。
私たちとは異なるのです。
もし、イエス様の人性に罪があったとしたら、イエス様は、自分の罪のために十字架にかかったことになります。そして、人の罪の身代わりにはなれませんから。
と私は捉えています。

単に、「メシア(キリスト)が、人性と神性を持ち合わせていた方・・・」と書いてあると、トミー兄が意図されておられる、罪なき人性の意味が、読者には伝わってきませんので、「メシア(キリスト)が、人としての姿と神性を持ち合わせていた方・・・」と言うように(例)された方が良いかと思います。


ご指摘をありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 箴言22:28 貪欲の戒め/霊的祝福を実体化していこう | トップページ | 申命記15:1-11 負債の免除に関する規定/主はご自身のからだをもって負債を免除してくださいました »

カテゴリー

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ