« 箴言24:10 苦難の内にあればあるほど主とともに | トップページ | マタイ24:29.28 終末と満了13 キリストの再臨2 »

2023年8月13日 (日)

マタイ24:22-31 終末と満了12キリストの再臨1

 マタイ2415-18には次のように記されています。
15 「預言者ダニエルの語った荒廃をもたらす憎むべきものが、聖なる場所に立つのを見たら――読者は悟れ――
16
 その時、ユダヤにいる人々は山に逃げなさい。
17
 屋上にいる者は、家にある物を取り出そうとして下に降りてはならない。
18
 畑にいる者は、上着を取りに戻ってはならない。”(聖書協会共同訳)とあります。
15-18
節については、89日のブログに記しました。

 15節から「ヤコブにも苦難の時」(エレミヤ307)と言われている大患難時代が始まるのです。そして、19節の「それらの日」へと繋がるのです。そして、その苦難からの解放はメシア(キリスト)の地上再臨によらなければ成就しないのです。メシアの来臨にはフェイクニュースが伴います。
 マタイ2419-27.30には次のように記されています。
19 それらの日には、身重の女と乳飲み子を持つ女に災いがある。
20
 逃げるのが冬や安息日にならないように、祈りなさい。
21
 その時には、世の初めから今までなく、今後も決してないほどの大きな苦難が来るからである。
22
 神がその期間を縮めてくださらなければ、誰一人救われない。しかし、神は選ばれた人たち〔この文脈ではユダヤ人のことです(筆者挿入)〕のために、その期間を縮めてくださるであろう。
23
 その時、『見よ、ここにメシアがいる』『いや、ここだ』と言う者がいても、信じてはならない。
24
 偽メシアや偽預言者が現れて、大きなしるしや不思議な業を行い、できれば、選ばれた人たちをも惑わそうとするからである。〔2テサロニケ29-12参照(筆者挿入)〕
25
 あなたがたには前もって言っておく。
26
 だから、人が『見よ、メシアは荒れ野にいる』と言っても、出て行ってはならない。また、『見よ、奥の部屋にいる』と言っても、信じてはならない。”(聖書協会共同訳)とあります。

マタ 24:27.30には、“27 稲妻が東から西へひらめき渡るように、人の子もそのように来るからである。/30 その時、人の子の徴が天に現れる。そして、その時、地上のすべての部族は悲しみ、人の子が大いなる力と栄光を帯びて天の雲に乗って来るのを見る。”(聖書協会共同訳)と記されています。
この節に関連する他の聖書個所の預言を見ることにします。
 ゼカリヤ12章には、再臨のメシア(キリスト)は、十字架の跡がわかるように再臨されると記されています。一応12章全部を下記します。
1 託宣。イスラエルに対する主〔ヤハウェ(筆者挿入)〕の言葉。天を広げ、地の基を据え、人の霊をその中に造られた主〔ヤハウェ(筆者挿入)〕の仰せ。
2
 私はエルサレムを杯(さかずき)とし、周囲のすべての民をよろめかす。エルサレムが包囲されるとき、ユダも同様になる。
3
 その日になると、私はエルサレムをすべての民にとって石の重しとする。それを担ぐ者は皆、深い傷を負う。地上のすべての国民は、エルサレムに向かって集まる〔エルサレムの包囲の前にハルメギド{ハルマゲドン}という場所に全世界の軍を招集します。黙示録1612-16参照。その後にエルサレムに向けて進軍します。(筆者挿入)〕。
4
 その日には、私はすべての馬を打って慌てさせ、乗り手を狂わせる――主〔ヤハウェ(筆者挿入)〕の仰せ。そしてユダの家の上に目を開いて、もろもろの民の馬をすべて打ち、目を見えなくする。
5
 ユダの首長たちは心の中で言う。「エルサレムの住民は、彼らの神、万軍の主〔ヤハウェ(筆者挿入)〕によって私の力となる。」
6
 その日、私はユダの首長たちを薪(たきぎ)で燃える火鉢のように、また麦束で燃える松明(たいまつ)のようにする。その火は左右に燃え広がり、周りにいるすべての民を焼き尽くす。こうしてエルサレムは、その場所エルサレムにそのままとどまる。
7
 主〔ヤハウェ(筆者挿入)〕は初めにユダの天幕を救われる。それは、ダビデの家の誉れとエルサレムの住民の誉れをユダ以上に大きくしないためである。
8
 その日、主〔ヤハウェ(筆者挿入)〕はエルサレムの住民を守られる。その日、彼らの中の弱い者もダビデのようになる。そしてダビデの家は、彼らの前で神のように、主〔ヤハウェ(筆者挿入)〕の使いのようになる。
9
 その日になると、私はエルサレムに攻めて来る諸国民をすべて滅ぼす。
10
 私はダビデの家とエルサレムの住民の上に、恵みと嘆願の霊を注ぐ。
彼らは、自分たちが刺し貫いた者のことで私を見て、独り子の死を嘆くように嘆き、初子の死を悼むように悼む。
彼らは、自分たちが突き刺した者、わたし{ヤハウェ(主)すなわちキリスト(筆者挿入)}を仰ぎ見て、ひとり子を失って嘆くかのように、その者のために嘆き、長子を失って激しく泣くかのように、その者のために激しく泣く。(2017)〕
11
 その日、エルサレムでは、メギドの平野におけるハダド・リモンの嘆きのように、その嘆きは大きくなる。〔エルサレムの住民によるヨハネ169の罪の悔い改め。(筆者挿入)〕
12
 この地は氏族ごとにそれぞれ嘆く。
ダビデの家の氏族は彼らだけで嘆き、その妻たちも彼女たちだけで嘆く。
ナタンの家の氏族は彼らだけで嘆き、 その妻たちも彼女たちだけで嘆く。
13
 レビの家の氏族は彼らだけで嘆き、その妻たちも彼女たちだけで嘆く。
シムイの氏族は彼らだけで嘆き、その妻たちも彼女たちだけで嘆く。
14
 残りの氏族もすべて氏族ごとにそれぞれ嘆き、その妻たちも彼女たちだけで嘆く。”(聖書協会共同訳)とあります。
 続くゼカリヤ131には、“その日、ダビデの家とエルサレムの住民のために、罪と汚れをきよめる一つの泉が開かれる。”(2017)と記されています。

 この出来事によって、ローマ1126.27に記されていることが起こるのでしょう。
ローマ11章には、“26 こうして、イスラエルはみな救われるのです。「救い出す者がシオンから現れ、ヤコブから不敬虔を除き去る。
27
これこそ、彼らと結ぶわたしの契約、すなわち、わたしが彼らの罪を取り除く時である」と書いてあるとおりです。”(2017)と記されています。

 悔い改めて、イエシュア(イエス)をメシア(キリスト)と信じた契約の民、すなわち選びの民(ヤコブの子孫)であるイスラエル人は救われるのです。

 エレミヤ31章には次のように記されています。
31 その日が来る――主〔ヤハウェ(筆者挿入)〕の仰せ。私はイスラエルの家、およびユダの家と新しい契約を結ぶ。
32
 それは、私が彼らの先祖の手を取って、エジプトの地から導き出した日に結んだ契約のようなものではない。私が彼らの主人であったにもかかわらず、彼らは私の契約を破ってしまった――主〔ヤハウェ(筆者挿入)〕の仰せ。
33
 その日の後、私がイスラエルの家と結ぶ契約はこれである――主〔ヤハウェ(筆者挿入)〕の仰せ。私は、私の律法を彼らの胸の中に授け、彼らの心に書き記す。私は彼らの神となり、彼らは私の民となる。
34
 もはや彼らは、隣人や兄弟の間で、「主〔ヤハウェ(筆者挿入)〕を知れ」と言って教え合うことはない。小さな者から大きな者に至るまで、彼らは皆、私を知るからである ――主〔ヤハウェ(筆者挿入)〕の仰せ。私は彼らの過ちを赦し、もはや彼らの罪を思い起こすことはない。”(聖書協会共同訳)とあります。

 このときのキリストの再臨は、キリストの地上再臨です。
このことが起こる前に天において、花婿キリストと花嫁教会(恵みの時代に救われて天に挙げられたキリスト者の総体)は、結婚式を済ませています(黙示録196-8)。

<お祈り>
天のお父様。
あなたを賛美します。
あなたのご計画は成就しますから御名を崇めます。
私たち主に在るキリスト者は、あなたの現われの時を待ち望んでいます。
とともに、あなたが迎えに来てくださるまでは、あなたの導きに従い、御聖霊の助けを頂いて歩んでまいります。
今日も主を賛美しながら歩むひと日とさせてください。
私たちの主キリスト・イエス様の御名で祈ります。アーメン。

« 箴言24:10 苦難の内にあればあるほど主とともに | トップページ | マタイ24:29.28 終末と満了13 キリストの再臨2 »

終末」カテゴリの記事

マタイによる福音書」カテゴリの記事

日ごとの恵みⅩⅣ」カテゴリの記事

コメント

主の再臨、待ち遠しいです。
今朝、祈りの中、主の導きの流れの中で信じる事ができる今を改めて感謝しました。神様は、沢山の人を私に送って様々な気づきや愛を与え教えてくださいます。(愛がいちばん学びが多いです)
赦してくださっているのに、ダメだ…と嘆く私をも、また気づかせてくださる。その気づきがあるから悔い改める事ができ、罪を告白することができ、そしてまた、赦してくださる。なんて慈悲深いお方なのでしょうと改めて思いました。
困難な時にも、主は共にいてくださり、共に乗り越える力を与えてくださる。今、追い風を送ってくださっている様に思います。神様に赦しをいただきながら歩める今、恵みである事を改めて思います。
真っ白な亜麻布を着る事ができる様、導いてくださいと切に願い祈ります。

愛なる主の御名を賛美します。
ハレルヤ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 箴言24:10 苦難の内にあればあるほど主とともに | トップページ | マタイ24:29.28 終末と満了13 キリストの再臨2 »

カテゴリー

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ