« 申命記30:15-20 命を選びなさい/人の選択、神の予知、神の選び、神の予定 | トップページ | 箴言25:11.12 箴言25:11.12 時宜にかなったことばと知恵ある𠮟責 »

2023年9月22日 (金)

詩篇96篇 創造主なる神を畏れ敬い礼拝し、主なる神をのべ伝える

 詩篇96篇には次のように記されています。
1 新しい歌を主に歌え。全地よ、主に向かって歌え。
2
 主に歌い、その名をたたえ、日ごとに救いの良い知らせを告げよ。
3
 国々に、主の栄光を、すべての民にその奇しき業を語り伝えよ。
4
 まことに主は大いなる方、大いに賛美される方、すべての神々にまさり畏れ敬われる方。
5
 もろもろの民の神々はすべて空しい。主は天を造られた。
6
 威厳と輝きは主の前にあり、力と誉れはその聖所にある。
7
 もろもろの民の氏族よ、主に帰せよ。栄光と力を主に帰せよ。
8
 御名の栄光を主に帰せよ。供え物を携えて主の庭に入り、9 聖なる輝きに満ちる主にひれ伏せ。全地よ、御前におののけ。
10
 国々に告げ知らせよ。「主は王となられた。世界は固く据えられ、決して揺らぐことはない。主はもろもろの民を公平に裁かれる」と。
11
 天は喜べ。地は喜び躍れ。海とそこに満ちるものは、とどろけ。
12
 野とそこにあるものも皆、喜び勇め。森のすべての木々も、喜び歌え、13 主の前に。
主は来られる。地を裁くために主は来られる。主は義によって世界を、まことをもってもろもろの民を裁かれる。”(聖書協会共同訳)とあります。

 神の箱をダビデの町に運び入れて天幕の中に安置した時に、ダビデがアサフとその兄弟たちを用いて主をほめたたえさせた時の賛美が1歴代誌168-36に記されていますが、その中の23-33節に詩篇96篇は近似しています。というか、わずかに修正を加えたのが詩篇96篇ではないかと想像したくなるような詩編です。
尚、1歴代誌168-22は詩篇10511-15に近似しています。

 1-4節には次のように記されています。
1 新しい歌を主に歌え。全地よ、主に向かって歌え。
2
 主に歌い、その名をたたえ、日ごとに救いの良い知らせを告げよ。
3
 国々に、主の栄光を、すべての民にその奇しき業を語り伝えよ。
4
 まことに主は大いなる方、大いに賛美される方、すべての神々にまさり畏れ敬われる方。”とあります。

1
節の「全地」というのは、イスラエルの全地のことでしょう。ヘブライ語を見ると、定冠詞のついた土地のすべて、となっていますし、3節には、国々に・・・語り伝えよ、とありますから。

 2節には“主に歌い、その名をたたえ、日ごとに救いの良い知らせを告げよ。”とあります。
「救い」と訳されているこの個所の単語は、ヘブライ語では「彼の救い」の語になっています。「救い」は「イェシュア」というヘブライ語がつかわれています。日本人は、イェシュアをイエスと呼んでいます。原語を見たら、新約的だなー、と思って記しました。
日々、主イエスの福音{良い知らせ(2)}を、主イエスの奇しき業を伝えよ(3)と捉えても許されるでしょうから。

 4節と11節を合わせて読むと、“4 まことに主は大いなる方、大いに賛美される方、すべての神々にまさり畏れ敬われる方。11 天は喜べ。地は喜び躍れ。海とそこに満ちるものは、とどろけ。”となります。
携挙の後の大患難時代の最後に天使によって全世界に宣教される宣教の言葉が、黙示録147に記されています。その内容を見ると詩篇964.11の内容に近似しているように思えます。
 黙示録146.7には次のように記されています。
6 また私は、もう一人の御使いが中天を飛ぶのを見た。彼は地に住む人々、すなわち、あらゆる国民、部族、言語、民族に宣べ伝えるために、永遠の福音〔a good message(筆者挿入)〕を携えていた。
7
彼は大声で言った。「神を恐れよ。神に栄光を帰せよ。神のさばきの時が来たからだ。天と地と海と水の源を創造した方を礼拝せよ。」”(2017)とあります。
いつの時代でも、創造主なる神を畏れ敬って礼拝する、ということの重要性と恵みとを教えられます。
 余談になりますが、キリスト者は、イエス・キリストの福音を聞いてイエス・キリストを信じた者たちで、キリストの花嫁です。

 詩篇965には“もろもろの民の神々はすべて空しい。主は天を造られた。”とあります。
この聖句を読むと、イザヤ40章の下記の個所を思い浮かべます。
18 あなたがたは、神を誰に似せ、どのような像と比べようというのか。
19
 鋳物師が偶像を鋳て造り、細工師がそれに金をかぶせ、銀の鎖を細工する。
20
 貧しい者は献納物として朽ちない木を選び、巧みな職人を探し出し、動かない偶像を据え付ける。
21
 あなたがたは知らないのか、聞かないのか。初めからあなたがたに告げられてはいなかったのか。あなたがたは地の基〔地の基の置かれた様(新共同訳)〕を理解していなかったのか。
22
 主は地を覆う天蓋に住まわれる方。地に住む者はばったのようなもの。主は天を幕のように伸ばされる方。これを天幕のように広げて住まわれる。
23
 主は君主たちを無とされる方。地を治める者を空しいものとされる。
24
 彼らは植えられる間もなく、蒔かれる間もなく、地に根を張る間もない。主がこれらに風を吹きつけると枯れ、暴風がわらのように巻き上げる。
25
 「あなたがたは私を誰に似せるのか。私が誰と等しいというのか」と、聖なる方は言われる。
26
 あなたがたの目を高く上げ、誰がこれらを創造したかを見よ。万象を数えて導き出される方は、すべてを名前で呼ばれる。その大いなる強さと力から逃れうる者は誰一人ない。”(聖書協会共同訳)とあります。

 13節には“・・。主は来られる。地を裁くために主は来られる。主は義によって世界を、まことをもってもろもろの民を裁かれる。”とあります。
黙示録1911-21に記されているキリストの地上再臨時の裁き、マタイ2531-46に記されている千年王国の初めの裁き、及び黙示録2011-15の裁きが携挙の後に用意されています。

<お祈り>
天のお父様。
あなたをほめたたえます。
主イエス様を信じさせていただいた恵みの大きさははかり知れません。
これから後もさらに主の恵みを味わいながら歩ませていただけますことを感謝します。
イエス様の救いにあずかりたいと願っている人たちが、イエス様を心の中にお迎えすることが出来ますように。
私たちの主キリスト・イエス様の御名で祈ります。アーメン。

« 申命記30:15-20 命を選びなさい/人の選択、神の予知、神の選び、神の予定 | トップページ | 箴言25:11.12 箴言25:11.12 時宜にかなったことばと知恵ある𠮟責 »

詩編」カテゴリの記事

日毎の恵み15」カテゴリの記事

コメント

不思議な業の中で地上生活を送らせていただいていることに感謝です。
教会に抵抗を表していた私は、主であるイエス様よりも周りを見ていました。主であるイエス様は何度も呼びかけてくださっていたのに。
そのタイミング等も神様がご存じであった事を後から学びますが、やはり不思議です。
今、この瞬間も、この先も、私が想像するうちに終わっている時は、そこには神様の御力は存在していないのですから、不思議です。
主に助けを求めれば、どんな小さな事でも救ってくださるのは恵みです。そして様々な困難を与えてくださる事も恵みです。
思い悩む事すら、与えてくださっているのでしょうね…。主に信頼をおいて日々、歩んでゆける恵みに感謝し、日々導いてくださるよう祈ります。

ハレルヤ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 申命記30:15-20 命を選びなさい/人の選択、神の予知、神の選び、神の予定 | トップページ | 箴言25:11.12 箴言25:11.12 時宜にかなったことばと知恵ある𠮟責 »

カテゴリー

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ