« 申命記31:1-8 後継者としてヨシュアを任命し、イスラエルの民及びヨシュアを激励する | トップページ | 箴言25:13 主は主に忠実な者を喜ばれる »

2023年9月26日 (火)

詩篇97篇 大患難時代の終わりからキリストの千年王国初め頃の時代の預言詩

 詩篇97篇には次のように記されています。
1 主は王となられた。地は喜び躍れ。多くの島々は喜べ。
2
 雲と密雲は主を囲み、正義と公正が王座を支える。
3
 火が主の前を進み、敵対する周りの者を焼き尽くす。
4
 主の稲妻が世界を照らし、それを見て地はおののく。
5
 山々は蝋(ろう)のように溶けた。主の前に、全地の主の前に。
6
 天は主の義を告げ知らせ、もろもろの民は皆、その栄光を見た。
7
 偶像に仕える者、空しい神々を誇る者は皆、恥を受ける。すべての神々は主にひれ伏す。
8
 主よ、あなたの裁きのゆえにシオンは聞いて喜び、ユダの娘たちは喜び躍る。
9
 まことに、主よ、あなたは全地の上におられるいと高き方。すべての神々にまさり、崇められる。
10
 主を愛する者よ、悪を憎め。主は忠実な者の魂を守り、悪しき者の手から救い出す。
11
 光は正しき人に、喜びは心のまっすぐな者に蒔かれる。
12
 正しき者よ、主によって喜べ。主の聖なる名に感謝せよ。”(聖書協会共同訳)とあります。

 1節には「主は王となられた。」とあり、
5
節には「山々は蝋(ろう)のように溶けた。」とあり、
6
節には「天は主の義を告げ知らせ、もろもろの民は皆、その栄光を見た。」とあり、
7
節には「偶像に仕える者、空しい神々を誇る者は皆、恥を受ける。すべての神々は主にひれ伏す。」とあり、
8
節には「主よ、あなたの裁きのゆえにシオンは聞いて喜び、ユダの娘たちは喜び躍る。」とありますからこの詩は、預言詩で、キリストの地上再臨直前からキリストの千年王国の初めのころの預言がなされているのではないかと想像します。

 5節には「山々は蝋(ろう)のように溶けた。」とありますが、黙示録1620には、“山々は見えなくなった。”(2017)とあります。
リビングバイブルは「山々は平地に変わりました。」と訳しています。
 これは、イザヤ22の、
“終わりの日に、主の家の山〔シオンの山。エルサレム。(筆者挿入)〕は山々の頂に堅く立ち、もろもろの丘より高くそびえ立つ。”(2017)とも一致するように思えます。

 主の全能の力を信じていない人は、一瞬にして山々が低くされるというようなことは、荒唐無稽のように思えることでしょう。
主には、このようなことをすることが出来るのだ、と信じることの出来る人は、創世記1章の三位一体の神の創造の御業もそのまま信じることが出来るでしょう。
また、そのようなことを信じることの出来る人でないと、主が今の宇宙を消失させ、その後に新天新地を新しく創造なさるということを信じることはできないでしょう。
現在の天と地や地に住む全てのものの創造や人の創造は、自然に起きたことではなく、主の御業であると信じることが出来ることは本当にありがたいことです。

 “山々は見えなくなった。”(黙示録1620)と前述しましたが、黙示録のこの裁きは、巻物の裁きの最後のところです。
巻物の最後の裁き(第7の鉢の裁き)の様子は次の様に記されています。
17 第七の天使が、その鉢の中身を空中に注ぐと、神殿の玉座から大きな声が聞こえ、「事は成った」と言った。
18
 そして、稲妻、轟音、雷鳴が起こり、また、大きな地震が起きた。それは、人が地上に現れて以来、いまだかつてなかったほどの大地震であった。
19
 あの大きな都は三つに引き裂かれ、諸国の民の方々の町が倒れた。神は大バビロンを思い起こし、怒りに満ちたぶどう酒の杯をこれにお与えになった。
20
 島々は逃げ去り、山々も消えうせた。
21
 一タラントンほど〔約35kg(筆者挿入)〕の重さもある大粒の雹が、天から人々の上に降った。人々はその雹の災いのゆえに神を冒涜した。被害があまりにも大きかったからである。”(黙示録16章・聖書協会共同訳)とあります。

 おそらく上記の預言に関連するものであろうと思いますが、イザヤ24章には次のような預言があります。
17 地に住む者よ、恐怖と落とし穴と罠があなたに臨む。
18
 恐怖の叫びから逃れる者は落とし穴に落ちる。落とし穴の中から這い上がる者は罠に捕らえられる。天の水門は開かれ、地の基は震え動く。
19
 地は裂けに裂け、地は破れに破れ、地は揺れに揺れる。
20
 地は酔いどれのようによろめき、仮小屋のように揺れ動く。地の背きは地の上に重く、地は倒れて再び起き上がることはない。”(聖書協会共同訳)と記されています。

 キリストの地上再臨はこの後に起こります。
主キリスト・イエス様が言葉を発すると、反キリストやそれに就く軍勢は殺されるのです。
黙示録1915には、“この方〔主キリスト・イエス(筆者挿入)〕の口からは、諸国の民を打つために鋭い剣が出ていた。”(2017)とあり、
2
テサロニケ28には、“その時になると、不法の者が現れますが、主イエスは彼を御口の息をもって殺し、来臨の輝きをもって滅ぼされます。”(2017)と記されています。

 私たちキリスト者は、主が地上再臨されるときには、主に従っていき(黙示録1914)、主の偉大な力を目撃するのでしょう。

 その後、詩篇971に記されているように、主は全地の王となられ、キリストの千年王国が始まっていくのでしょう。

<お祈り>
天のお父様。
あなたをほめたたえます。
今日の個所は、キリストの地上再臨直前からキリストの千年王国初めの頃の預言がおもに記されていますが、キリストの地上再臨の前には、キリストの空中再臨があり、その時に私たちを携挙してくださいますから感謝します。
その時を待ち望んでいます。
マラナ・タ
私たちの主キリスト・イエス様の御名で祈ります。アーメン。

« 申命記31:1-8 後継者としてヨシュアを任命し、イスラエルの民及びヨシュアを激励する | トップページ | 箴言25:13 主は主に忠実な者を喜ばれる »

詩編」カテゴリの記事

日毎の恵み15」カテゴリの記事

コメント

シナイ山を想像しながら学ばせていただきました。平坦な地へと変わってゆくのですね。想像しても仕切れないですね。
この様な学びがあるとは知らず、今朝、起きた時、なんと世の中は虚しさに満ち溢れているのだろうと思いました。
特に大きな事(昨日の私の心の内は、神様に背いていると思う事が多々ありましたので、それでかもしれないです)があった訳ではありませんが、そう思いながら目を覚し、対人にしろ対物にしろ、全て人が作ったものは結局は流れ去って残ってはゆかなく消えてゆくのだと何故か感じました。(季節が変わってゆくからなのかもしれないです)神様がお造らになられたものには到底敵うわけもありません。神様抜きな物事は虚しさしか残らないのだと、ソロモンの言葉が寝起きからふと過りました。神様は偉大であり、私たちの主であるイエス様は救い主である事を改めて思います。

アーメン。
ハレルヤ!

トミーさんお身体大丈夫ですか?
私は朝の習慣となってとても助かっております。トミーさんからいつもお力いただいていることを昨日実感しました。いつもありがとうございます。

お祈りを感謝します。
少し良くなってきました。
具合が悪くても主が導かれるので書いています。
主にお従いしな方が辛いですから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 申命記31:1-8 後継者としてヨシュアを任命し、イスラエルの民及びヨシュアを激励する | トップページ | 箴言25:13 主は主に忠実な者を喜ばれる »

カテゴリー

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ