« 黙示録20:1-3 悪魔(サタン)が悪魔の獄に入れられ、悪魔のいない世界が用意される/サタンとは | トップページ | 詩篇106:32.33 モーセの罪/御言葉に従う重要性 »

2024年3月 4日 (月)

黙示録16章 義なる神による七つの最後の災い(神の御怒りの頂点)/多くの人は愛なる神を受け入れ易いが神が義であることを受け入れにくい/恵みと信仰による救い

 黙示録16章には次のように記されています。
1 また私は、神殿から大きな声がして、七人の天使にこう言うのを聞いた。
「行って、七つの鉢に満たされた神の怒りを地に注げ。」
 2 そこで、第一の天使が出て行って、その鉢の中身を地に注ぐと、獣の刻印を押されている者たち、また、獣の像を拝む者たちにひどい悪性の腫れ物ができた。
 3 第二の天使が、その鉢の中身を海に注ぐと、海は死人の血のようになって、海の生き物はことごとく死んでしまった。
 4 第三の天使が、その鉢の中身を川と水の源に注ぐと、水は血になった。
5
 その時、私は水をつかさどる天使がこう言うのを聞いた。
「今おられ、かつておられた聖なる方、あなたは正しい方です。このような裁きをして くださったからです。6 その者たちは、聖なる者と預言者たちの血を流しましたが、あなたはその者たちに血を飲ませました。それは当然なことです。」
7
 また私は、祭壇がこう言うのを聞いた。
「然り、全能者である神、主よ、あなたの裁きは真実で正しい。」
 8 第四の天使が、その鉢の中身を太陽に注ぐと、太陽は人間を火で焼くことを許された。
9
 人間は、熱で激しく焼かれたが、これらの災いをつかさどる権威を持つ神の名を冒涜し、悔い改めて神に栄光を帰することをしなかった。
 10 第五の天使が、その鉢の中身を獣の王座に注ぐと、獣の国は闇に覆われた。人々は苦痛のあまり自分の舌をかみ、11 苦痛と腫れ物のゆえに天の神を冒涜し、その行いを悔い改めなかった。
 12 第六の天使が、その鉢の中身を大河ユーフラテスに注ぐと、水が涸れ、日の昇る方角からやって来る王たちの道ができた。
13
 また私は、竜の口から、獣の口から、そして偽預言者の口から、蛙のような汚れた三つの霊が出て来るのを見た。
14
 これはしるしを行う悪霊どもの霊であって、全世界の王たちのところへ出て行った。全能者である神の大いなる日の戦いに備えて、彼らを集めるためである。
 15 ――見よ、私は盗人のように来る。裸で歩くのを見られて恥をかかないように、目を覚まし、衣を身に着けている人は幸いである。――
 16 汚れた三つの霊は、ヘブライ語で「ハルマゲドン」と呼ばれる所に王たちを集めた。
 17 第七の天使が、その鉢の中身を空中に注ぐと、神殿の玉座から大きな声が聞こえ、「事は成った」と言った。
18
 そして、稲妻、轟音、雷鳴が起こり、また、大きな地震が起きた。それは、人が地上に現れて以来、いまだかつてなかったほどの大地震であった。
19
 あの大きな都は三つに引き裂かれ、諸国の民の方々の町が倒れた。神は大バビロンを思い起こし、怒りに満ちたぶどう酒の杯をこれにお与えになった。
20
 島々は逃げ去り、山々も消えうせた。
21
 一タラントンほどの重さもある大粒の雹が、天から人々の上に降った。人々はその雹の災いのゆえに神を冒涜した。被害があまりにも大きかったからである。”(聖書協会共同訳)とあります。

 ここに記されている内容は、大患難時代の最後の頃で、
①悪魔(サタン)に従う人たちに対する裁き(24-7810)、
②海の生物に対する裁き(3)、
③最終局における裁き(ゼカリヤ129、黙示録1919-21)の準備(12-14.16
④地への裁き(18-21)等が記されています。

 その内容を箇条書きにすると、
①サタンに従った者たち、すなわち666の刻印を額か右手に受けた者たち(黙示録13章参照)に悪性の腫れ物ができた。
②海洋生物の全滅
③飲料水の消失(水が血になる)
④太陽が燃え盛る(核融合増大)・・・人が炎熱で焼かれる
⑤獣(時の世界支配者)の都バビロンが暗闇に覆われる
⑥歴史上最大の大地震、大きな地殻変動{エルサレムを除く山々が山とは呼べない程に低くなった(イザヤ22も参照)。島が見えなくなった。}、巨大な雹(一個が約35kg)が人々の上に降る

 ローマの信徒への手紙の中で、パウロは次のような文を書いています。
18 不義によって真理を妨げる人間のあらゆる不敬虔と不義に対して、神は天から怒りを現されます。19 なぜなら、神について知りうる事柄は、彼らには明らかだからです。神がそれを示されたのです。”(ローマ1章・聖書協会共同訳)とあります。

 神ヤハウェ(主)は、大患難時代の最後の裁き{神の裁きは、この後も羊と山羊の裁き(マタイ2531-46)や白い御座の裁き(黙示録2011-15)があります}をもたらす前に、天使を用いて全世界に永遠の福音を伝えさせました。
 黙示録146.7には次のように記されています。
6 また私は、もう一人の天使が空高く飛ぶのを見た。この天使は、地上に住む人々、あらゆる国民、部族、言葉の違う民、民族に告げ知らせるために、永遠の福音を携え、7 大声で言った。
神を畏れ神に栄光を帰しなさい。神の裁きの時が来た。天と地、海と水の源を創造した方を礼拝せよ。」”(聖書協会共同訳)と記されています。

 アブラハムは、永遠の福音に記されているように神ヤハウェ(主)を礼拝したことでしょう。
主イエス様の復活後に聖霊が遣わされましたが、聖霊は、「イエス・キリストを信じないことが罪である。」(ヨハネ169)と教えてくださったのです。

 主イエス様は、トマスに、「信じない者ではなく、信じる者になりなさい。」(ヨハネ2027)と言われました。
イエス様はトマスに、信じないという的外れのありようではなく、信じるということが御心にかなっていることだよ、と教えられたのです。
イエス様を信じない、ということから心を変えて、イエス様を信じる、という方向に方向転換すると、救われるのです。
トマスの場合は、主イエス様の御復活を信じることができなかったのです。

 1コリント151-6aには次のように記されています。
1 きょうだいたち、私はここでもう一度、あなたがたに福音を知らせます。私があなたがたに告げ知らせ、あなたがたが受け入れ、よりどころとし、2 これによって救われる福音を、どんな言葉で告げたかを知らせます。
もっとも、あなたがたが無駄に信じたのではなく、今もしっかりと覚えていればの話ですが。
 3 最も大切なこととして私があなたがたに伝えたのは、私も受けたものです。
すなわち、キリストが、聖書に書いてあるとおり私たちの罪のために死んだこと
4
 葬られたこと
また、聖書に書いてあるとおり三日目に復活したこと
5
 ケファに現れ、それから十二人に現れたことです。6 その後、五百人以上のきょうだいたちに同時に現れました。”(聖書協会共同訳)とあります。

 キリストの十字架と復活は福音の根拠なのです。
ペテロは次のように記しました。
222 キリストは罪を犯したことがなく、その口には欺きもなかった。
23
ののしられても、ののしり返さず、苦しめられても、脅すことをせず、正しくさばかれる方にお任せになった。
24
キリストは自ら十字架の上で、私たちの罪をその身に負われた/
1
3 ・・・・。神は、ご自分の大きなあわれみのゆえに、イエス・キリストが死者の中からよみがえられたことによって、私たちを新しく生まれさせ、生ける望みを持たせてくださいました。”(1ペテロ・2017)と記し、
 そしてペテロは、“あなたがたはイエス・キリストを見たことはないけれども愛しており、今見てはいないけれども信じており、ことばに尽くせない、栄えに満ちた喜びに躍っています。あなたがたが、信仰の結果であるたましいの救いを得ているからです。”(1ペテロ18.92017)と記しました。

<お祈り>
天のお父様。
あなたをほめたたえます。
あなたは、義なる神ですが、愛なる神です。
ハレルヤ!
私たちの罪を身代わりに負って十字架上で死に、そして3日目によみがえって下さった主イエス様を、信じない者ではなく、信じる者としてくださいましたことを感謝します。
主を愛し、主に信頼し、日々主に従う者であらせてください。
私たちの主キリスト・イエス様の御名で祈ります。アーメン。

« 黙示録20:1-3 悪魔(サタン)が悪魔の獄に入れられ、悪魔のいない世界が用意される/サタンとは | トップページ | 詩篇106:32.33 モーセの罪/御言葉に従う重要性 »

終末預言」カテゴリの記事

日毎の恵み19」カテゴリの記事

コメント

10節を読むと現在、既に生じているように思います。人のせいにして、思うようにならないと言ったり、死を選択する。簡単に死を選択する訳ではないのでしょうけれども、そう選択せざるを得ない世の中の状況があるのだと思いました。
また、細かなところですが〝黙示録14:67〟と6節7節の間の点が無かったのと、お祈りのお言葉の中の〝・・3日目によみがえった下さった主イエス様・・〟
よみがえってくださったからこそ、十字架にかかってくださったからこそ、いまだにやめられない私の慣習すらも神様は呆れながらもおゆるしくださるのです。その慣習の瞬間はイエス様を信じていないからこそなのだと改めて感じます。悔い改める日々です。諦めずに祈り求めます。

訂正すべき個所を教えてくださり感謝します。
早速直しておきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 黙示録20:1-3 悪魔(サタン)が悪魔の獄に入れられ、悪魔のいない世界が用意される/サタンとは | トップページ | 詩篇106:32.33 モーセの罪/御言葉に従う重要性 »

カテゴリー

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ