« 詩篇106:28-31 偶像礼拝者への裁き/主を愛する歩み | トップページ | 黙示録20:1-3 悪魔(サタン)が悪魔の獄に入れられ、悪魔のいない世界が用意される/サタンとは »

2024年3月 2日 (土)

箴言28:3 幸いなるかな、憐れみ深い者

 箴言283を、
聖書協会共同訳は“弱い人を虐げる貧しい男は、収穫を押し流し、台なしにする雨。”と訳し、
2017
は“弱い者を虐げる貧しい者は、押し流して食物を残さない豪雨のようだ。”と訳し、
リビングバイブルは“貧しい人が自分より貧しい人をいじめるのは、激しい流れが、あっという間に、最後の頼みの綱を押し流すようなものです。”と意訳しています。

 「貧しい男」(聖書協会共同訳)、「貧しい者」(2017)、「貧しい人」(リビングバイブル)と訳されている語の「男」「者」「人」とある語のヘブライ語原語は「ゲベル」で、勇敢な人、勇士、戦士、の意があり、その他、人、の意にも使われます。

 日本でも、ホームレスをいじめる人たち、生活保護者への支給費を搾取する人たち等のニュースを見たことがあると思います。
昔も今も、同じような人がいることを知りますね。

 一方、主イエス様は、「幸いなのは、憐れみ深い人ですよ」と言われました。
主イエス様ご自身、「すべて疲れた人、重荷を負っている人はわたしのもとに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。」(2017)と、声をかけてくださいました。
更に、主イエス様は、「わたしのもとに来る人を、わたしは決して追い出さない。」(ヨハネ637・新共同訳)とも言われました。

 貧しい人、疲れた人、重荷を負っている人は、主イエス様のもとへ行くに限ります。
主イエス様は、その人その人に応じて、最善をなさってくださいます。

 弱いい人が私たちを訪ねて来た時には、どうしたらよいのでしょう。
主に祈りながら善処することだと思います。
祈りを忘れて、自分の出来そうなことをあれこれと考え、事を行ってしまうと的外れになるかもしれません。

 ガラテヤ62には“互いの重荷を負い合いなさい。そうすれば、キリストの律法を成就することになります。”(2017)とも記されています。
互いの重荷を負い合うことは、キリストの律法を成就することになることがわかります。
主イエス様は、他の個所で、「神を愛し、隣人を愛しなさい。」と言われたことがあり、また「あなたがたは、互いに愛し合いなさい。」と言われたこともありました。(マタイ2237.39、ヨハネ1334参照)

 ヤコブ212.13には次のような警告が記されています。
「自由をもたらす律法によってさばかれることになる者として、ふさわしく語り、ふさわしく行いなさい。あわれみを示したことがない者に対しては、あわれみのないさばきが下されます。あわれみがさばきに対して勝ち誇るのです。」(2017)とあります。

<お祈り>
天のお父様。
あなたをほめたたえます。
主イエス様は、「あわれみ深い者は幸いです。その人たちはあわれみを受けるからです。」(2017)と語られました。
ガラテヤ522.23には、“御霊の実は、愛、喜び、平和、寛容、慈愛、善意、忠実、柔和、自制”(口語訳)と記されています。
御霊の実としての「慈愛」に満ちた歩みをすることができますように。
私たちの主キリスト・イエス様の御名で祈ります。アーメン。

« 詩篇106:28-31 偶像礼拝者への裁き/主を愛する歩み | トップページ | 黙示録20:1-3 悪魔(サタン)が悪魔の獄に入れられ、悪魔のいない世界が用意される/サタンとは »

箴言」カテゴリの記事

日毎の恵み19」カテゴリの記事

コメント

ゲベルの意味は、勇敢な人・勇士などの意味で、この様な言い回しを使われるのは、人間として最悪な極悪という事ですね。
イエス様の御言葉はマタ5:7とマタ11:28でよかったですか?イエス様の御言葉は本当に癒されます。イエス様の軛は負いやすくイエス様の荷は軽いです。目の前の事に詰まりやすいですが救われます。最善をなさってくださいます。
〝弱いい人が私たちを訪ねて来た時・・的外れになるかもしれません。〟と、教えてくださり、ありがとうございます。祈りを忘れて自分の思いで動く事が多い気がまだまだします。忘れない様にしたいと思います。
ガラ6:2のような思いを基に、最愛の々と共に生きてゆく事ができるのが理想です。そして、その周りの人達にも溢れる愛を互いに与えてゆける事ができたらいいです。まだ、その行いに至らない私(記載してくださっている通りヤコ2:12.13ですね。そして、)ですけれども、ガラ5:22.23に記されているところを祈り求めます。

マタイの箇所は、おっしゃる通りの箇所です。
天国に行ったときには、自分も周りの人も皆、御霊の実をたわわにつけていることでしょう。
主がそのようにしてくださいますから。
ハレルヤ

多くを求めてはいけませんね。今、整えてくださっている最中、と意識して過ごせば神様の御恵みはふんだんに与えてくださっていると思えます。
雲の隙間から光が差し込む美しさは、遠くから見らからこそ見えるもの、日々与えてくださっている御恵みに目を向けて歩みを進めてみます。

感謝を多くする方が成長が早いかもしれませんよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 詩篇106:28-31 偶像礼拝者への裁き/主を愛する歩み | トップページ | 黙示録20:1-3 悪魔(サタン)が悪魔の獄に入れられ、悪魔のいない世界が用意される/サタンとは »

カテゴリー

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ