« イザヤ13:9-13 主の日/世の終わりの時代(期間)/主の日が来る前に主を信じよう/「主に信頼する者は失望することがない(主を信じる者は裁かれることがなく永遠の命を得る)」 | トップページ | 箴言28:5 心の王座をキリストに明け渡し、御霊(神の霊)によって歩もう »

2024年3月 9日 (土)

詩篇106:34-36 イスラエルは主の命令に従わなかった結果、偶像に仕えることとなった/救われた後のきよき歩み(聖化)

 詩篇10634-36には次のように記されています。
34 彼らはもろもろの民を主が命じたとおりに滅ぼさず、
35
 諸国民と混じり合い、その行いに倣った。
36
 偶像に仕え、それらは彼らの罠になった。”(聖書協会共同訳)とあります。

 34節には“彼らはもろもろの民を主が命じたとおりに滅ぼさず、”とあります。
このことは、早くもヨシュアがリーダーを務めていたときから起こりました。それはヨシュア記9章に記されているギブオン人に対することです。
その後士師記の時代に入った後も、主が滅ぼせと命じたことを守らなかったことがいくつも記されています。

 士師記1章には次のように記されています。
19 ・・・。しかし谷間の住民は鉄の戦車を持っていたので、追い出すことができなかった。/
21
ベニヤミンの一族は、エルサレムに住むエブス人を追い出さなかったので、エブス人はベニヤミンの一族と共にエルサレムに住み続け、今日に至っている。/
23-26
 ヨセフの家はベテルを偵察させた。この町はかつてルズと呼ばれていた。偵察していた者たちは、この町から出て来た男を見つけ、「さあ、町の入り口を教えろ。そうすれば情けをかけてやる」と言った。男が町の入り口を教えたので、彼らは剣をもって町を打ち破った。ただ、その男と家族全員は逃がした。26 その男はヘト人の地に行って町を築き、ルズと名付けた。これは今日に至るまでその名で呼ばれている。/
27
マナセは、ベト・シェアンとその周辺の村落、タナクとその周辺の村落、ドルの住民とその周辺の村落、イブレアムの住民とその周辺の村落、メギドの住民とその周辺の村落を占領しなかったので、カナン人はこの地に住み続けた。/
29
エフライムは、ゲゼルに住んでいたカナン人を追い出さなかったので、カナン人はゲゼルに、すなわちエフライムの中に住み続けた。/
30
ゼブルンは、キトロンの住民とナハラルの住民を追い出さなかったので、カナン人はゼブルンの中に住み続け、苦役に服した。/
31.32
アシェルは、アッコの住民、シドンの住民、マハレブ、アクジブ、ヘルバ、アフィク、レホブの人々を追い出さなかった。それゆえ、アシェル人はこの地の住民であるカナン人の中に住むことになった。彼らを追い出さなかったからである。/
33
ナフタリは、ベト・シェメシュの住民、ベト・アナトの住民を追い出さなかったので、この地の住民であるカナン人の中に住むことになった。ただし、ベト・シェメシュの住民とベト・アナトの住民には苦役が課された。/
34
アモリ人はダンの人々を山地に追い込み、谷に下りて来ることを許さなかった。”(聖書協会共同訳)とあります。

 イスラエルは、主により頼み続けて、主に命じられたとおりに、主の命令を完了するまで戦い続ける必要があったのです。

 主はモーセを通して次のように語っておられました。
1 あなたの神、主〔ヤハウェ(筆者挿入)〕が、あなたが入って所有する地〔カナンの地(筆者挿入)〕にあなたを導き入れて、多くの国民、すなわち、あなたより数が多くて力の強い七つの国民であるヘト人〔ヒッタイト人(2017)〕、ギルガシ人、アモリ人、カナン人、ペリジ人、ヒビ人、エブス人をあなたの前から追い払うとき、2 そして、あなたの神、主〔ヤハウェ(筆者挿入)〕が彼らをあなたに渡し、あなたが彼らを討つとき、必ず彼らを滅ぼし尽くさなければならない。彼らと契約を結んだり、彼らを憐れんではならない。
3
 彼らと婚姻関係を結んではならない。あなたの娘をその息子に嫁がせたり、その娘をあなたの息子の嫁に迎えたりしてはならない。
4
 それはあなたの息子を私から引き離すことになり、彼らは他の神々に仕えるようになる。そうすれば、主の怒りがあなたがたに向かって燃え上がり、たちまちあなたを滅ぼし尽すことになる。
5
 あなたがたが行わなければならないことは、彼らの祭壇を壊し、石柱を砕き、アシェラ像を切り倒し、彫像を火で焼くことである。
6
 あなたは、あなたの神、主〔ヤハウェ(筆者挿入)〕の聖なる民である。あなたの神、主〔ヤハウェ(筆者挿入)〕は、地上にいるすべての民の中からあなたを選び、ご自分の宝の民とされた。”(申命記7章・聖書協会共同訳)と記されています。

 私達、新約の民であるキリスト者への応用は、救われてキリスト者とされた後には、心をきよくして頂く必要があるということを教えてくれているのだと思います。
もしそのように聖化の道を歩んで行かないと肉に支配されてしまいますよ、ということでしょう。
キリスト者とされた後に、肉の思いや感情をそのままにしておくと、キリスト者でありながらも、肉の歩みをすることになってしまうのです。
 ガラテヤ519-21には肉の行いが、次の様に列挙されています。
19 肉の行いは明白です。淫行、汚れ、放蕩、20 偶像礼拝、魔術、敵意、争い、嫉妬、怒り、利己心、分裂、分派、21 妬み、泥酔、馬鹿騒ぎ、その他このたぐいのものです。”(聖書協会共同訳)と記されています。
また、神を主権者とせずに、人道主義こそ最高のものであるとすることも肉によります。

 ガラテヤ5章には、肉に従って歩まないための解決方法が次のように記されています。
24 キリスト・イエスに属する者〔「キリスト・イエスにつく者」(新改訳)、「キリスト・イエスのものとなった人たち」(新共同訳)〕は、肉を情欲と欲望と共に十字架につけたのです。/
16
霊〔御霊(新改訳、口語訳)〕によって歩みなさい〔霊の導きに従って歩みなさい(新共同訳)〕。そうすれば、肉の欲望を満たすことは決してありません。/
25
私たちは霊によって生きているのですから、霊によってまた進もうではありませんか。”(聖書協会共同訳)とあります。

 ガラテヤ517には“肉の望むことは霊に反し、霊の望むことは肉に反する・・。”(聖書協会共同訳)とあります。
 またローマ718-20には、
“私は、自分の内には、つまり私の肉には、善が住んでいないことを知っています。善をなそうという意志はあっても、実際には行わないからです。
19
 私は自分の望む善は行わず、望まない悪を行っています。
20
 自分が望まないことをしているとすれば、それをしているのは、もはや私ではなく、私の中に住んでいる罪なのです。”(聖書協会共同訳)と記されています。

 ガラテヤ516の聖句を2017で記します。
「・・。御霊によって歩みなさい。そうすれば、肉の欲望を満たすことは決してありません。」(2017)とあります。

<お祈り>
天のお父様。
あなたの御名を賛美します。
私たちキリスト者の肉は、キリストと共に十字架につけられました。
そのことを信仰によって自分のものとさせていただき、日々、御霊に導かれて歩む者であらせてください。
私たちの主キリスト・イエス様の御名で祈ります。アーメン。

« イザヤ13:9-13 主の日/世の終わりの時代(期間)/主の日が来る前に主を信じよう/「主に信頼する者は失望することがない(主を信じる者は裁かれることがなく永遠の命を得る)」 | トップページ | 箴言28:5 心の王座をキリストに明け渡し、御霊(神の霊)によって歩もう »

聖化」カテゴリの記事

詩編」カテゴリの記事

日毎の恵み19」カテゴリの記事

コメント

主が共にいてくださっているのに、ことをなさないのは罪です。肉の思いが出てきたならば、直ちに主に祈り求める。少しずつ、僅かながらですが変えていただけているように思えたりします。祈り求め続けます。
肉の思いとは?どこまでが…?を、最近、漸く分けることが出来ているように思えます。振り返ってみても、まだまだですので変えていただけるよう祈り続けます。
士師記を読み、客観的に見させていただくと自分の愚かさ、私の持つ罪の性質が分かり、何に踏みとどまり、何に対する怯え、何に対する恐れ、何に対する勇気のなさ…。どれも主を基に考えれば、どれも要らないものです。私が何かを考えることより、主の御旨に従って歩んでいれば、何も考えずに歩み行えばよいのですものね。改めてそう思いました。
トミーさんが〝イスラエルは・・戦い続ける必要があったのです。〟と書かれている所を読み、やっと理解できると言いますか、聖書を学ばなければ、理解出来ない、肉の思いとは?何だろ?とか未だに混乱している事が多々あった事と思いますし、主の御旨を理解する事は出来なかったです。〝人道主義こそ最高〟と思い続けていたと思います。感謝します。

世の中は人道主義が良いことだと思っていますものね。
律法は、
神を愛すること、
隣人を愛すること、
と主は教えてくださいました。
神様の主権無しで、また、神を認めることをしないで、神様の恵み無しで、人だけ愛そうとしても、本当は出来ないことであるということは、キリスト者にならないとわからないですものね。

キリスト者になりながらも、1番大切にしたい人に対して素直になれずにいる事は、神様の御旨からそれてしまっていますよね。
中々変われない事がまだあり、祈り求める日々が続きます。

そうですね。
隣人ですからね。

行いを伴わせます。ご指摘をありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イザヤ13:9-13 主の日/世の終わりの時代(期間)/主の日が来る前に主を信じよう/「主に信頼する者は失望することがない(主を信じる者は裁かれることがなく永遠の命を得る)」 | トップページ | 箴言28:5 心の王座をキリストに明け渡し、御霊(神の霊)によって歩もう »

カテゴリー

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ