« 黙示録21:8 新生したキリスト者は火と硫黄の燃える池に入れられません(キリストが身代わりに罰を受けてくださったからです) | トップページ | 箴言28:11 人の心の高慢は破滅に先立ち、主は主なる神様に対する謙遜を喜ばれる »

2024年3月29日 (金)

詩篇107:4-9 主は私を苦しみと滅びから救われました

 詩篇1074-9には次のように記されています。
4 彼らは荒れ野をさまよい、不毛の地で人の住む町に至る道を見いだせず、5 飢え、また渇き、命は衰え果てようとしていた。
6
 苦難の中で主に叫ぶと、主は彼らを苦しみから助け出した。
7
 主は彼らをまっすぐな道に進ませ、人の住む町に向かわせた。
8
 主に感謝せよ。その慈しみと人の子らになされた奇しき業のゆえに。
9
 まことに主は渇いた魂を潤し、飢えた魂を良いもので満たしてくださった。”(聖書協会共同訳)とあります。

 4.5節を2017は“彼らは荒野や荒れ地をさまよい、人が住む町への道を見出せなかった。飢えと渇きによって、彼らのたましいは衰え果てた。”と訳しています。

 リビングバイブルは“住む家もない人々は、荒野をあてどなくさまよい、空腹をかかえ、のどはからからに渇き、体力も衰え果てました。”と訳しています。

 実際にイスラエルの人々の中には、このようなことを体験した人たちもいたのでしょう。

 苦しみにあった人たちは、神ヤハウェ(主)に叫び祈りました。
神ヤハウェ(主)は、その祈りに応えてくださったのです。
 6.7節を2017は、“この苦しみのときに彼らが主に向かって叫ぶと、主は彼らを苦悩から救い出された。彼らをまっすぐな道に導き、人が住む町へ向かわせた。”と記されています。

 詩聖は、主が良くしてくださったことについて主に感謝するように勧めています。
8
節には“主に感謝せよ。その恵みのゆえに。人の子らへの奇しいみわざのゆえに。”(2017)と記されています。
 
 余談になりますが、
イスラエル王国(北イスラエルの10部族)の人たちは、アッシリアに捕囚された後、やがて東の方へと安住の地を求めて旅をしたそうです。シルクロードを通って行った人たちもいました。その中には、砂漠で多くの人が死んだ例もあったそうです。現代のイスラエルでは、これらのことを調査でつかんでいるようです。
やがて、エゼキエル3715-28の預言が成就するのです。
 エゼキエル3715-28には次のように記されています。
15 主の言葉が私に臨んだ。
16
 「人の子よ〔ここではエゼキエルのこと(筆者挿入)〕、あなたは一本の木を取り、その上に、『ユダとその友イスラエルの子らのために』と書き記しなさい。またもう一本の木を取って、その上に、『エフライムの木であるヨセフとその友であるイスラエルの家すべてのために』と書き記しなさい。
17
 それらを互いに近づけて一本の木としなさい。それらはあなたの手の中で一つとなる。
18
 同胞があなたに向かって、『これらはどういう意味なのか、我々に告げてくれないか』と言うとき、19 彼らに語りなさい。主なる神はこう言われる。私はエフライムの手の中にあるヨセフの木とその友イスラエルの諸部族を取り、これらをユダの木に合わせて、一本の木とする。これらは私の手の中で一つとなる。
20
 あなたの書き記した木が彼らの目の前であなたの手の中にあるとき、21 彼らに語りなさい。主なる神はこう言われる。私はイスラエルの子らを、行った先の諸国民の間から取り戻し、周囲の国々から集め、彼らの土地に導き入れる。
22
 私はその地、イスラエルの山々で彼らを一つの国民とする。一人の王〔再臨のキリストで、キリストの千年王国の王(筆者挿入)〕が彼らすべての王となる。彼らは二度と二つの国民とはならず、もはや二度と 二つの王国に分かれることはない。
23
 彼らは二度と偶像や憎むべきものや、もろもろの背きによって汚されることはない。私は彼らを、罪を犯させるあらゆる背きから救い、清める。彼らは私の民となり、私は彼らの神となる〔ここの「彼ら」の中には大患難時代を過越した一部の日本人もいるのではないかと想像します(筆者挿入)〕。
24
 わが僕ダビデ〔主キリスト(筆者挿入)〕が彼らの王となり、彼らすべての者のために、一人の牧者となる。彼らはわが法に従って歩み、わが掟を守り、これを行う。
25
 彼らは、私がわが僕ヤコブに与えた地、すなわちあなたがたの先祖が住んでいた地に住む。彼らもその子らも、その子孫もとこしえにそこに住み、わが僕ダビデ〔主キリスト(筆者挿入)〕が永遠に彼らの指導者となる。
26
 私は彼らと平和の契約を結び、これは永遠の契約となる。私は彼らを祝福し、増やす。私はわが聖所をとこしえに彼らのただ中に置く。
27
 わが住まいは彼らと共にあり、私は彼らの神となり、彼らは私の民となる。
28
 こうして、わが聖所がとこしえに彼らの中にあるとき、諸国民は私がイスラエルを聖別する主であることを知るようになる。」”(聖書協会共同訳)とあります。

 ユダヤ人たちも世界の各地から今のイスラエルの地に集められてきましたが、やがてはイスラエルの10部族の人たち{もとよりユダの人たちとイスラエルの地に住んでいた人たちもいました(2歴代誌30章)}もキリストの千年王国の時代にはイスラエルの地に住むのです(関連預言個所:エゼキエル40-48章参照)。

 話しは変わりますが、
私たちキリスト者の中にも、主キリスト・イエス様の御救いにあずかる前は、自分の心の中に、渇き、苦しみ、飢え、さまよい、・・・というようなことがあったことを思い出す人たちもいることと思います。

 詩篇1079.8節には、
9 まことに主は渇いたたましいを満ち足らせ、飢えたたましいを良いもので満たされた。8 主に感謝せよ。その恵みのゆえに。人の子らへの奇しいみわざのゆえに。」(2017)と記されています。

<お祈り>
天のお父様。
あなたをほめたたえます。
私の場合、究極的には、滅びの不安というものがありましたが、主が「わたしを信じればよいのだよ。」と教えてくださったことにより、主の御救いにあずかることができました。
ありがとうございました。
主を信じさせていただいたことによって、滅びではなく、永遠の命を与えられ、平安を与えられ、御言葉の豊かさとあなたの愛に包まれて生活させていただけますこと、また将来についての預言の成就に心を躍らせつつ歩めるようにしてくださいましたことを感謝します。
私の外なる人はボロボロですけれど、それも感謝できるようにしてくださっておられますからありがとうございます。
やがては、朽ちない、美しい、堅牢な、霊の体を与えていただけますからありがとうございます。
今現在も、三一の主なる神様と共に歩ませていただける恵みを与えられていますことを感謝し、私たちの主キリスト・イエス様の御名で祈ります。アーメン。

« 黙示録21:8 新生したキリスト者は火と硫黄の燃える池に入れられません(キリストが身代わりに罰を受けてくださったからです) | トップページ | 箴言28:11 人の心の高慢は破滅に先立ち、主は主なる神様に対する謙遜を喜ばれる »

詩編」カテゴリの記事

日毎の恵み19」カテゴリの記事

コメント

9節を読み、私も私の心を…と捉えました。今、感謝です!悪に支配されそうになっても、主は必ず救ってくださいます、それを実感させていただけていることに感謝します。
主イエス様は、人となられた神様だから色々な事をできると思ってしまいますが、やはり似せていただきたいと願います。
問題の渦中にいる時、中々、感謝な気持ちは湧きにくく、対、人として捉えがちになります。時間差がありつつも祈れる事は、とてもありがたく、そしてその中で主が働いてくださいます。問題の真っ最中には中々感謝はわかずとも、主の働きによるものだという事は感じる事はできますので、この先、困難が起きようと、主を信じ従って歩んでゆく事で何も恐れる事はないのだと改めて思えました。
トミーさんは、この世の全ての人に対して祈られていて、私は未だ苦手意識が大きく全てとは中々なりませんが、私も目指してゆきたいと思います。
〝安住の地を求めて旅をしたそうです。シルクロードを通ってか行った人たちもいました。〟と書かれている文を読み、日本に伝わってきている中(西遊記などの話の基などは全て聖書から始まっているのだと思いまきた)に、やはり創造主である神様からのものが織り込まれているのだと思いました。それは主からのものなのか?と、見極めてゆくことが必須ですよね。聖霊に導いてくださいますよう祈ります。
現代のイスラエルで、調査が既に行われていると知ると、12部族の末裔がイスラエルの地に集まる事は容易いのだと改めて思うと、聖書に記されている事の実現が間近である事を思いました。主イエス様の十字架の血による贖いに、より感謝します。

何でもお祈りできることは本当にありがたいです。

アーメン。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 黙示録21:8 新生したキリスト者は火と硫黄の燃える池に入れられません(キリストが身代わりに罰を受けてくださったからです) | トップページ | 箴言28:11 人の心の高慢は破滅に先立ち、主は主なる神様に対する謙遜を喜ばれる »

カテゴリー

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ