« 黙示録21:9-27 新エルサレム/キリストの花嫁 | トップページ | 箴言28:12 主なる神を信じる者は主キリスト・イエス様の王権を喜びます »

2024年4月 2日 (火)

詩篇107:10-16 主は憐れみ深く慈しみ深いお方

詩篇10710-16には次のように記されています。
10 闇と死の陰に住む者たち、苦悩と鉄の枷に締めつけられる捕らわれ人は、11 神の仰せに逆らい、いと高き方の計らいを侮った。
12
 主は労苦を通してその心を挫いた。彼らはつまずいたが、助ける者はいなかった。
13
 苦難の中で主に叫ぶと、主は彼らを苦しみから救い出した。
14
 闇と死の陰から導き出し、彼らの枷(かせ)を壊してくださった。
15
 主に感謝せよ。その慈しみと人の子らになされた奇しき業(わざ)のゆえに。
16
 まことに、主は青銅の扉を破り、鉄のかんぬきを砕いてくださった。”(聖書協会共同訳)とあります。

 10節の「死の陰」と訳されている語のヘブライ語原語は「ツァールマーヴェト」で、死の陰、墓、等の意があります。

 11節の「仰せ」(聖書協会共同訳)、「ことば」(2017)と訳されている語のヘブライ語原語は「エーメル」で、言われた(こと)、答え、話、言葉、等の意があります。
「計らい」(聖書協会共同訳)、「さとし」(2017)と訳されている語のヘブライ語原語は「エーツァー」で。助言、忠告、勧告、計画、予定、意向、考え・・等の意があります。

 10.11節を、
聖書協会共同訳は、“闇と死の陰に住む者たち、苦悩と鉄の枷に締めつけられる捕らわれ人は、神の仰せに逆らい、いと高き方の計らいを侮った。”と訳し、
2017
は“闇と死の陰に座す者。苦しみの鉄のかせに縛られている者。彼らは神のことばに逆らい、いと高き方のさとしを退けた。”と訳し、
リビングバイブルは“みじめな奴隷になり下がり、暗闇に座り込んでいる人はだれですか。それは、主に逆らった人々、他の神々にまさる神をさげすんだ人々です。”と意訳しています。

 11.12節は、詩聖が、捕囚民のことを述べて書いたのではないかと推測します。
私がここから教えられることは、たとえ主の救いにあずかったとしても、主の教えに逆らって、あるいは主の教えを無視して生きていると、結局は、サタンの支配の下に組み込まれてしまうということです。
この個所は、救われる以前にサタンの支配にあったということが書かれているのではありません。
主に救われる以前は、だれでもサタンの支配の下にありました。
 エペソ21-3に次のように記されているとおりです。
1 以前のあなたがたは、罪のために永遠に滅びる定めにありました。
2
この世の人と同じ生き方をし、罪にまみれ、主に反抗する人の心に今も働いている、力ある支配者サタンの言うままになっていたのです。
3
私たちもみな、以前はほかの人たちと同じで、その生活は、心にある悪を反映したものでした。欲望や心のおもむくままに生き、行動していたのです。私たちは、生まれながらに神の怒りを受けて当然の者でした。”(リビングバイブル)とあります。

 1110節のような読み方をすると、
“彼らは神のことばに逆らい、いと高き方のさとしを退けた〔ので(筆者挿入)〕、闇と死の陰に座す者、苦しみの鉄のかせに縛られている者〔となったのです(筆者挿入)〕”(2017)ということになります。

 この状態から助け出すために、主は、捕囚民に対して、“苦役〔重労働(リビングバイブル)〕によって彼らの心を低くされた。彼らはよろけたがだれも助けなかった。”(12節・2017)という状態に置かれたのです。

 主から離れた人たちは、苦しみを味わい、耐えられなくなっていきました。
その結果、主を思い起こし、主に助けてくれ、と叫んだのです。
13
節には“この苦しみのときに彼らが主に向かって叫ぶと、主は彼らを苦悩から救われた。”(2017)と記されています。
 余談になりますが、私たちの主イエス様の「イエス」のヘブライ語は「イェシュア」で、「主は救う」という意味です。キリスト者にとっては当たり前のことですが、主イエス様は「救い主」なのです。
イエス様に叫べばイエス様は救ってくださるのです。
“「主の名を呼び求める者はだれでも救われる」のです。”(ローマ1013・新共同訳)と記されています。
 1ペテロ26cには「彼〔主キリスト・イエス(筆者挿入)〕に信頼する者は、決して失望させられることがない。」(新改訳初版~第三版)と記されています。

 13.14.16節には、
13 苦難の中で主に叫ぶと、主は彼らを苦しみから救い出した。
14
 闇と死の陰から導き出し、彼らの枷(かせ)を壊してくださった。/
16
 まことに、主は青銅の扉を破り、鉄のかんぬきを砕いてくださった。(聖書協会共同訳)と記されています。

 この個所は、ユダヤの歴史についていえば、バビロンからの解放です。
ユダヤの民を開放するために主は異邦人キュロスを立てられました。
 イザヤ451-3には次のように記されています。
1 主は油を注がれた人キュロスについてこう言われる。
私〔ヤハウェ(筆者挿入)〕は彼〔キュロス(筆者挿入)〕の右手を取り、彼の前に諸国民を従わせ、王たちを丸腰にする。彼の前に扉は開かれ、どの門も閉ざされることはない。2 私〔ヤハウェ(筆者挿入)〕あなた〔キュロス(筆者挿入)〕の前を行き、山々を平らにし、青銅の扉を破り、鉄のかんぬきを砕く
3
 私は暗闇に置かれた宝と隠された財宝をあなたに与える。それは、私が主であり、あなたの名を呼ぶ者、イスラエルの神であることをあなたが知るためである。”(聖書協会共同訳)とあります。

 この結果何が起こったのでしょうか。
エズラ12-11には次のように記されています。
2 「ペルシアの王キュロスはこのように言う。
天の神、主は地上のすべての王国を私に与えられ、ユダのエルサレムに神殿を建てることを私に任された。
3
 あなたがた〔ユダヤの民たち(筆者挿入)〕の中で主の民に属する者は誰でも、神がその人と共におられるように。その者は誰であれ、ユダのエルサレムに上り、イスラエルの神、主の神殿を建てなさい。その方はエルサレムにある神である。
4
 残る者は皆、どこに寄留している者であっても、自分のいる所で、エルサレムにある神の宮への自発の献げ物を用意し、また銀や金、財産や家畜をもって彼らを援助しなさい。」
5
 ユダとベニヤミンの親族の頭、祭司やレビ人など、神に霊を奮い起こされた人々は皆、エルサレムにおられる主の神殿を建てるために帰還しようと立ち上がった。
6
 周囲の人たちは、自発の献げ物のほかに、銀の器、金、財産や家畜、高価な贈り物をもって彼らを支援した。
7
 キュロス王は、ネブカドネツァルがエルサレムから持ち出して自分の神々の神殿に納めていた、主の神殿の祭具類を取り出させた。
8
 ペルシアの王キュロスは財務官ミトレダトに命じてそれらを取り出し、数を数え、ユダの首長シェシュバツァルに渡した。
9
 その数は次のとおりであった。金の容器三十、銀の容器一千、小刀二十九、10 金の杯三十、第二の銀の杯四百十、その他の祭具一千、11 金銀の祭具が全部で五千四百。
シェシュバツァルはこれらすべてを携え、バビロンからエルサレムに帰還する捕囚の民と共に上って行った。”(聖書協会共同訳)とあります。

 話を変えます。
キリスト者が主なる神の教えを離れ、自分勝手な道に行き、困窮してしまったとしても、主は、憐れみ深く、恵み深いお方です。
“もし私たちが自分の罪を告白するなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、私たちをすべての不義からきよめてくださいます。”(1ヨハネ192017)という聖句に信頼して、罪を主に告白すれば、主はきよめてくださるのです。
ルカ15章の放蕩息子の話にあるように、たとえ霊の父である神に背を向けて離れて行っても、回心して主の元に戻ってくれば、大歓迎してくださるお方、それが霊の父です。
主イエス様は、天の御父はそのようなお方ですよ、と教えてくださいました。
なお、主イエス様と御父とはその本質において一つです。主イエス様の御性質を見れば御父の御性質がわかるのです。

 15節には“主に感謝せよ。その慈しみと人の子らになされた奇しき業(わざ)のゆえに。”と記されていますが、自然に感謝が湧き出ることでしょう。

<お祈り>
天のお父様。
あなたをほめたたえます。
あなたは、慈しみ深く、憐れみ深いお方ですから御名を崇めます。
あなたの慈しみをあてにして放蕩するのではなく、あなたの御教えに従ってあなたに在って歩む者であらせてください。
あなたを賛美し、あなたに感謝をささげながら。
私たちの主キリスト・イエス様の御名で祈ります。アーメン。

« 黙示録21:9-27 新エルサレム/キリストの花嫁 | トップページ | 箴言28:12 主なる神を信じる者は主キリスト・イエス様の王権を喜びます »

詩編」カテゴリの記事

日毎の恵み19」カテゴリの記事

コメント

救われているのに、サタンの支配のものに囚われてしまったりするのは主から逸れていますものね。信じていれば、サタンの誘惑に陥りませんものね。私はまだグラグラとしてしまう所もありますが、常に引き戻してくださっています、感謝です。
苦しみから助けを求めている人が1人でも多く主の救いに与る事ができますよう、私をお使いくださいと、最近は祈れるようになりました。この世の人の多くが、主の御救いに与ることができたらいいなーと願います。
主は、様々な形で私に恵みを与えてくださる事を実感します。信じて歩み続けます。

ハレルヤ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 黙示録21:9-27 新エルサレム/キリストの花嫁 | トップページ | 箴言28:12 主なる神を信じる者は主キリスト・イエス様の王権を喜びます »

カテゴリー

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ