« 箴言28:27 貧しい人への援助 | トップページ | 使徒2:41-47 主に在る基本的な歩み »

2024年5月23日 (木)

フィリピ2:19-24 自分自身のことよりもキリスト・イエスのために生きる人

 フィリピ219-24には次のように記されています。
19 さて、私はあなたがたの様子を知って力づけられたいので、すぐにでもテモテをそちらに遣わすことを、主イエスにあって望んでいます。
20
 テモテのように私と同じ思いを抱き、親身になってあなたがたのことを心にかけている者はほかにいません。
21
 他の人は皆、イエス・キリストのことではなく、自分のことを追い求めています。
22
 テモテが確かな人物であることは、あなたがたの認めるところです。子が父に仕えるように、彼は私と共に福音に仕えました。
23
 そこで、私は自分のことの見通しがつき次第すぐ、テモテを送りたいと願っています。
24
 私自身も間もなくそちらに行けるものと、主にあって確信しています。”(聖書協会共同訳)とあります。

 この個所は、福音宣教のために牢獄に入れられて、自分ではフィリピ教会に赴けないパウロが、親身になってフィリピ教会の兄姉たちを心にかけている弟子のテモテを、フィリピ教会に送ります、ということを述べている個所です。

 テモテは、パウロの第二次伝道旅行の折、パウロに同行してフィリピ(ピリピ)にも行ったのです。そしてフィリピ教会の創設にもかかわった人です(使徒161-411-15)。

 今日のテーマは21節です。21節を、
新共同訳、聖書協会共同訳は“他の人は皆、イエス・キリストのことではなく、自分のことを追い求めています。”と訳し、
 フランシスコ会訳は“みな、自分のことばかり考えて、イエス・キリストのことは考えていないのです。”と訳し、
 新改訳初版~第三版は“だれもみな自分自身のことを求めるだけで、キリスト・イエスのことを求めてはいません。”と訳し、
 新改訳2017は“みな自分自身のことを求めていて、イエス・キリストのことを求めてはいません。”と訳し、
 リビングバイブルは“ほかの人はみな、自分の計画に心を奪われ、キリスト・イエスのことなど気にかけていないようです。”と意訳しています。

 新生にあずかった人は、最初は自分が救われたくて主イエス様を信じた人です。
すなわち100%自分のために主イエス様を信じたのです。
その後の信仰生活は人によって異なりますが、初めの内は誰でも自分の何かを満たすための信仰生活ではないでしょうか。
救いの確信を持つことができ、主の恵みの大きさを知り続け、そして、「私は主のもの」と思えるようになっていくのではないかと思います。
自己実現のために生きるために主イエス様を信じている人もいるでしょう。
一方、主の愛に浸されて主のために生きるようになった人もいるでしょう。
主の弟子としてふさわしいのは、すべてにまさって主を愛する人ですよ、と主イエス様は語られました。
 マタイ1037.38には次のように主イエス様の御言葉が記されています。
「私〔を愛する〕以上に父や母を愛する者は、私にふさわしくない。また、私〔を愛する〕以上に 息子や娘を愛する者は、私にふさわしくない。また、自分の十字架をとって私の後に従わない者は、私にふさわしくない。」{〔 〕内は訳者挿入。岩波訳}とあります。

 自分のことは、主イエス様に委ねきって、主イエス様のために生きることのできる恵みを与えられた人は幸いですね。

<お祈り>
天のお父様。
あなたをほめたたえます。
あなたの愛を益々体験し、あなたを愛する愛を増し加えていただき、自分自身のことは主に委ね、主を愛し、主のみ旨の内を歩ませていただけますように。
私たちの主キリスト・イエス様の御名で祈ります。アーメン。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 「わが友 主イエスは」(聖歌493 聖歌総合版511 新聖歌317
“1.わが友主イエスは 我を見出し 引き寄せ給(たま)いぬ 愛のいともて
御側(みそば)に侍(はべ)れば 何をか恐れん 今 主は我がもの 我は主のもの
2.わが友主イエスは 罪ある我を 贖い給(たま)えり 命を捨てて
この身と魂(たま)をば 主よ 取り給え すべてはながもの 我がものは無し
3.わが友主イエスは いとも優しく 慰め励まし また守り給(たも)う
悩みも剣も 飢えも裸も 引き裂くあたわじ 主より我が身を”

« 箴言28:27 貧しい人への援助 | トップページ | 使徒2:41-47 主に在る基本的な歩み »

フィリピの信徒への手紙」カテゴリの記事

日毎の恵み20」カテゴリの記事

コメント

流されそうになりつつありましたので、今日の学びは救いです、ありがとうございます。流されそうになるという事は、主を愛していない?主に従っていないのかな?と思ってしまいます。1人で活動する場はとてもとても大変です。共に信仰生活を送ってゆける人が目の前にいると心強いなーと、改めて思いました。与えてくださる事を祈り求めています。(教会に行けば兄姉はいます。とても救われます)
親身になる人は、ほぼいない事を知り、躍起になってしまう私も主イエス様から逸れてしまっていると反省します。(この繰り返しなのでしょうか…)
救われてから少しの時間が経ち、トミーさんが書かれていた様に私は主のもの!となりつつある中で、様々な事が生じているので、きよくしていただけている?と信じて諦めずに祈り続けたいと思いました。ありがとうございました。
21節のフランシスコ会訳の〝・・考え て・・〟と空いていました。毎回、細かな所をすみません。

細かい所のミスを見つけることが辛くなっている者としては大助かりです。
ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 箴言28:27 貧しい人への援助 | トップページ | 使徒2:41-47 主に在る基本的な歩み »

カテゴリー

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ