救い

2023年10月22日 (日)

マタイ27:15-26 罪人の身代わりになったイエス様

 マタイ2715-26には次のように記されています。
15 ところで、祭りの度(たび)に、総督は民衆の希望する囚人を一人釈放することにしていた。
16
 時に、バラバ・イエスと言う名うての〔名の知れた(2017)〕囚人がいた。
17
 ピラトは、人々が集まって来たときに言った。「どちらを釈放してほしいのか。バラバ・イエスか。それともメシアと言われるイエスか。」
18
 人々がイエスを引き渡したのは、妬みのためだと分かっていたからである。
19
 ピラトが裁判の席に着いているとき、その妻が彼のもとに人をやって言わせた。「あの正しい人に関わらないでください。その方のために私は今日、夢で非常に苦しみました。」
20
 しかし、祭司長たちや長老たちは、バラバを釈放して、イエスを死刑に処してもらうようにと群衆を説得した。
21
 そこで、総督が、「二人のうち、どちらを釈放してほしいのか」と言うと、人々は、「バラバを」と言った。
22
 ピラトが、「では、メシアと言われているイエスのほうは、どうしたらよいか」と言うと、皆は、「十字架につけろ」と言った。
23
 ピラトは、「一体、どんな悪事を働いたというのか」と言ったが、群衆はますます激しく、「十字架につけろ」と叫び続けた。
24
 ピラトは手の付けようがなく、かえって騒動になりそうなのを見て、水を取り、群衆の前で手を洗って言った。「この人の血について、私には責任がない。お前たちの問題だ。」
25
 民はこぞって答えた。「その血は、我々と我々の子らの上にかかってもいい。」
26
 そこで、ピラトはバラバを釈放し、イエスを鞭打ってから、十字架につけるために引き渡した。”(聖書協会共同訳)とあります。

 祭りの度(たび)に、総督は、民衆の希望する囚人を一人釈放することにしていました(15)。
 総督ピラトは、ユダヤの宗教指導者たちや民の長老たちから、イエス・キリストを死刑にしてほしいという要求を受けていました(マタイ271.2)。
一方、総督ピラトは、妻から、「あの正しい人に関わらないでください。その方のために私は今日、夢で非常に苦しみました。」という伝言を受けました(19)。

 ピラトは、ユダヤの宗教指導者たちや民の長老たちの要求がイエスに対する彼らの妬みに基づくものであると(18)推測していました。

 ピラトは、イエス・キリストは無実であると判断し、イエス・キリストを釈放しようと考えました。

そこで総督は、祭りの度(たび)に民衆が希望する囚人を一人釈放するという慣例(15)を利用して、イエス・キリスト(メシア)を釈放しようと民衆に持ちかけました。

 一方、民衆はといえば、①イエス・キリストが地上の王となって、ユダヤをローマから解放してくれるという希望が無くなったこと(マタイ216-11→マタイ2668271.2,11-14)による失望と怒り、及び②祭司長たちや長老たちからの、イエスを死刑にしようという扇動の言葉(20)により、イエス・キリストを「十字架につけろ」と叫んだのです(22)。

 判決を下さなければならないピラトがおかれている立場について、聖書に記されていない事どもをBible naviから抜粋、要約して引用します。
“ピラトは総督ですから、ローマから担当地域の平和を保つという責任を負わされています。
ですから反乱がおこることがないようにせねばなりませんでした。
歴史資料によれば、ピラトは、ユダヤ人たちの伝統をかたくなに軽視していたので、ユダヤ人たちはすでに、ローマにその苦情を申し立てるとピラトを脅していたのです。
もし、そのような苦情が正式にローマに提出されれば、ピラトは総督の立場を解任される可能性が高かったのです。
ローマ政府には、支配下にあるすべての地域に大勢の軍隊を配置する余裕はありませんでした。
そこで総督の主要な任務の一つは、どんなことをしてでも平和を維持することでした。”
とあります。

 上記のことを踏まえると、ヨハネ1912-16aに記されている記事(特に12.13節)がよくわかります。
ヨハネ1912-16aには、
12 それで、ピラトはイエスを釈放しようと努めた。しかし、ユダヤ人たちは叫んだ。「もし、この男を釈放するなら、あなたは皇帝の友ではない。王と自称する者は皆、皇帝に背いています。」
13
 ピラトは、これらの言葉を聞くと、イエスを外に連れ出し、ヘブライ語でガバタ、すなわち「敷石」という場所で、裁判の席に着かせた。
14
 それは過越祭の準備の日の、正午ごろであった。ピラトはユダヤ人たちに、「見よ、あなたがたの王だ」と言うと、
15
 彼らは叫んだ。「連れて行け。連れて行け。十字架につけろ。」
ピラトが、「あなたがたの王を私が十字架につけるのか」と言うと、
祭司長たちは、「私たちには、皇帝のほかに王はありません」と言った。
16a
 そこで、ピラトは、十字架につけるために、イエスを人々に引き渡した。”(聖書協会共同訳)と記されています。

 16.17節には、
16 時に、バラバ・イエスと言う名うての〔名の知れた(2017)〕囚人がいた。
17
 ピラトは、人々が集まって来たときに言った。「どちらを釈放してほしいのか。バラバ・イエスか。それともメシアと言われるイエスか。」”と記されています。

 またマルコ157には、“暴動のとき人殺しをして投獄されていた暴徒の中に、バラバと言う男がいた。”(聖書協会共同訳)と記されています。
「暴動」とありますが、バラバは、ローマ政府に対する反乱に参加していたのです、バラバはローマの敵でしたが、ユダヤにおいては英雄であったことでしょう。

 バラバという語のギリシア語原語を英語のアルファベットに置き換えると、「Barabbas」となります。
「バル」の意味は「子」です。「アッバ」の意味は「父」です。
バラバ・イエスは、「父の子イエス」という意味になります。
イエスのヘブライ語原語は「イェシュア」or「イェホシュア」で、ヤハウェ(主)は救う、救い主、の意になります。
バラバ・イエスは、父の子である救い主、とも捉えることの出来る名前です。
現生における救い主として捉えると、たのもしい名前です。

 21.22節には、
21 ・・、総督が、「二人のうち、どちらを釈放してほしいのか」と言うと、
人々は、「バラバを」と言った。
22
 ピラトが、「では、メシアと言われているイエスのほうは、どうしたらよいか」と言うと、
皆は、「十字架につけろ」と言った。”と記されています。

 バラバは、イェス・キリスト様が身代わりになったことで死から解放されたのでした。
私も同じでした。
まことの神様を創造主とも思わず、主なる神様の主権を嫌い、自己の主権を認める他の宗教に救いを求めたこともある身です。
その様な大それた罪を犯し続けてきたにもかかわらず、主イエス様は、ご自身の贖いのゆえに救ってくださったのです。「私を信じればよいのだよ」と語ってくださって。
私は、その時に、それまで求めても得られなかった平安を得たのです。

<お祈り>
天のお父様。
あなたをほめたたえます。
あなたは、“みまえにきよく傷のない者となるようにと、天地の造られる前から、キリストにあってわたしたちを選び、わたしたちに、イエス・キリストによって神の子たる身分を授けるようにと、御旨のよしとするところに従い、愛のうちにあらかじめ定めて下さったのである。”(エペソ14.5・口語訳)と記されていることを、私にとっての最善の時に実行してくださいました。
ありがとうございます。
それは、イエス・キリスト様の十字架と復活に基づき、また私たちの主に対する信仰の故である、信仰もあなたから与えられたものですが、と悟らせていただいておりますことを感謝します。
また、救い主イエス・キリスト様へと導き続けてくださった聖霊様にも感謝します。
「すべてのことは神から発し、神によって成り、神に至るのです」とローマ1136にあります。
アーメンです。
御名をほめたたえ、感謝して、私たちの主キリスト・イエス様の御名で祈ります。アーメン。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「心にあるこの安きを」(聖歌560 聖歌総合版584 新聖歌254
“1.心にあるこの安きを 奪うもの地になし 試みにて苦しむとも わが安き動かじ
(折り返し) * わがものなる主を宿す その喜び言い難し 主 のたまえり「われなどてなれを捨てて去るべき」
2.この安きを受けしときに 雨雲は晴れたり 悩みあらず涙もなく 歌声のあるのみ
  *
3.この安きを持てる土の器なるわが身も やがてイェスに会わば変わらん 栄ある姿と *”

2022年3月 9日 (水)

人はどのように生きたら良いのだろう

 箴言1018には、
憎しみを隠す者は偽りの唇を持ち、
そしりを口に出す者は愚かな者である。2017)と記されています。

 ほとんどの人は、その場その場を取り持つために、自分の思いや感情、意志とは異なる言葉を語る場合がありますし、自分にとって耐えきれないような嫌な思いをさせられたらそしるものです。

 3年半の間、イエス様と地上生涯を共にしたペテロは次のように証言しています。
22 キリストは罪を犯したことがなく、その口には欺きもなかった。
23
ののしられても、ののしり返さず、苦しめられても、脅すことをせず、正しくさばかれる方にお任せになった。
24
キリストは自ら十字架の上で、私たちの罪をその身に負われた。」(1ペテロ2章・2017)と。

 ルカは、キリストの十字架の場面を次のように記しています。
“32
ほかにも二人の犯罪人が、イエスとともに死刑にされるために引かれて行った。
33
「どくろ」と呼ばれている場所に来ると、そこで彼らはイエスを十字架につけた。また犯罪人たちを、一人は右に、もう一人は左に十字架につけた。〔十字架を横にした状態で、手と足は太い釘で木に打ちつけられ、その後、地面に立てられたのです。ですから肉も裂かれました。(筆者挿入)〕
34
そのとき、イエスはこう言われた。
「父よ、彼らをお赦しください。彼らは、自分が何をしているのかが分かっていないのです。」
彼らはイエスの衣を分けるために、くじを引いた。
35
民衆は立って眺めていた。議員たちもあざ笑って言った。
「あれは他人を救った。もし神のキリストで、選ばれた者なら、自分を救ったらよい。」
36
兵士たちも近くに来て、酸いぶどう酒を差し出し、
37
「おまえがユダヤ人の王なら、自分を救ってみろ」と言ってイエスを嘲った。
38
「これはユダヤ人の王」と書いた札も、イエスの頭の上に掲げてあった。
39
十字架にかけられていた犯罪人の一人は、イエスをののしり、
「おまえはキリストではないか。自分とおれたちを救え」と言った。
40
すると、もう一人が彼をたしなめて言った。
「おまえは神を恐れないのか。おまえも同じ刑罰を受けているではないか。41 おれたちは、自分のしたことの報いを受けているのだから当たり前だ。だがこの方は、悪いことを何もしていない。」
42
そして言った。
「イエス様。あなたが御国に入られるときには、私を思い出してください。」
43
イエスは彼に言われた。
「まことに、あなたに言います。あなたは今日、わたしとともにパラダイスにいます。」
44
さて、時はすでに十二時ごろであった。全地が暗くなり、午後三時まで続いた。
45
太陽は光を失っていた。すると神殿の幕が真ん中から裂けた。
46
イエスは大声で叫ばれた。
「父よ、わたしの霊をあなたの御手にゆだねます。」
こう言って、息を引き取られた。
47
百人隊長はこの出来事を見て、神をほめたたえ、
「本当にこの方は正しい人であった」と言った。
48
また、この光景を見に集まっていた群衆もみな、これらの出来事を見て、悲しみのあまり胸をたたきながら帰って行った。2017)とあります。

 肉体を纏った御子イエス様は、極限状態に置かれても憎しみの言葉を発することなく、そしりの言葉を発することなく、恵みの言葉を発したお方でした。

 キリスト教会の最初の殉教者ステパノの最後も素晴らしいものでした。
使徒754-60には次のように記されています。
“54
人々はこれ〔ステパノの説教(筆者挿入)〕を聞いて、はらわたが煮え返る思いで、ステパノに向かって歯ぎしりしていた。
55
しかし、聖霊に満たされ、じっと天を見つめていたステパノは、神の栄光と神の右に立っておられるイエスを見て、
56
「見なさい。天が開けて、人の子が神の右に立っておられるのが見えます」と言った。
57
人々は大声で叫びながら、耳をおおい、一斉にステパノに向かって殺到した。
58
そして彼を町の外に追い出して、石を投げつけた。証人たちは、自分たちの上着をサウロという青年の足もとに置いた。
59
こうして彼らがステパノに石を投げつけていると、ステパノは主を呼んで言った。
「主イエスよ、私の霊をお受けください。」
60
そして、ひざまずいて大声で叫んだ。
「主よ、この罪を彼らに負わせないでください。」
こう言って、彼は眠りについた。2017)とあります。

 ステパノの場合は、御子イエス様とは異なり、罪の性質をもって生まれてきた人でした。ステパノは、ある時に、罪を悔い改め、信仰から信仰へと神の恵みによって成長させていただき、主の御旨に従った働きをした後、天に召された人でした。
 ステパノは、パウロの言葉を借りて言えば、「わたしは神に対して生きるために、律法に対しては律法によって死んだのです。わたしは、キリストと共に十字架につけられています。生きているのは、もはやわたしではありません。キリストがわたしの内に生きておられるのです。わたしが今、肉において生きているのは、わたしを愛し、わたしのために身を献げられた神の子に対する信仰〔「神の子の信仰」とも訳せます(筆者挿入)〕によるものです。」(ガラテヤ219,20・新共同訳)というようなあり様で生活していたのではないかと思います。

 人は、全員がアダムの子孫です。
アダムの堕罪の故に、アダムの種から生まれた人は、罪の性質を持って誕生してきたのです。
ダビデは、自分が罪を犯した後、それを強く感じたことと思います。
「私は咎ある者として生まれ、罪ある者として、母は私を身ごもりました。」(詩篇5152017)と述べていますから。
 パウロは、人に罪と死が入って来た経緯を次のように記しています。
こういうわけで、ちょうど一人の人によって罪が世界に入り、罪によって死が入り、こうして、すべての人が罪を犯したので、死がすべての人に広がった・・(ローマ5122017)と。

 ローマ129-31に罪のリストの一部が次のように記されています。
“29
彼らは、あらゆる不義、悪、貪欲、悪意に満ち、ねたみ、殺意、争い、欺き、悪巧みにまみれています。また彼らは陰口を言い、30 人を中傷し、神を憎み、人を侮り、高ぶり、大言壮語し、悪事を企み、親に逆らい、31 浅はかで、不誠実で、情け知らずで、無慈悲です。2017)とあります。
 またガラテヤ519-21にも罪のリストの一部が次のように記されています。
“19
肉のわざは明らかです。すなわち、淫らな行い、汚れ、好色、20 偶像礼拝、魔術、敵意、争い、そねみ、憤り、党派心、分裂、分派、21 ねたみ、泥酔、遊興、そういった類のものです。2017)と。

 すべての人がアダムの子孫ですから、罪の性質を持って生まれ、教えられなくても罪を犯します。犯す罪のタイプは個々人で異なるかも知れませんが、何かしらの罪々を犯すのです。

 今日の箴言の聖句は、憎しみを隠す者は偽りの唇を持ち、そしりを口に出す者は愚かな者である。2017)という聖句でした。
憎しみを持たず、そしりをいう必要のない心を神であられる主から与えていただかない限り不可能なことです。

 憎しみを持たずに愛の心で歩み続けることが出来たらなんとすばらしいことでしょう。
エペソ21-10には次のように記されています。
“1
さて、あなたがたは自分の背きと罪の中に死んでいた者であり、2 かつては、それらの罪の中にあってこの世の流れに従い、空中の権威を持つ支配者〔悪魔=サタン(筆者挿入)〕、すなわち、不従順の子ら〔まことの神に従わない人々(筆者挿入)〕の中に今も働いている霊〔悪しき霊(筆者挿入)〕に従って歩んでいました。
3
私たちもみな、不従順の子ら〔まことの神に従わない人々(筆者挿入)〕の中にあって、かつては自分の肉の欲のままに生き、肉と心の望むことを行い、ほかの人たちと同じように、生まれながら御怒り〔神の怒り(筆者挿入)〕を受けるべき子らでした。
4
しかし、あわれみ豊かな神は、私たちを愛してくださったその大きな愛のゆえに、5 背きの中に死んでいた〔罪{神の御旨に反する思い感情意志言動}の故に神に対して死んでいた(筆者挿入)〕私たちを、キリストとともに生かしてくださいました。あなたがたが救われたのは恵みによるのです。
6
神はまた、キリスト・イエスにあって、私たちをともによみがえらせ、ともに天上に座らせてくださいました。
7
それは、キリスト・イエスにあって私たちに与えられた慈愛によって、この限りなく豊かな恵みを、来たるべき世々に示すためでした。
8
この恵みのゆえに、あなたがたは信仰によって救われたのです。それはあなたがたから出たことではなく、神の賜物〔ギフト(筆者挿入)〕です。
9
行いによるのではありません。だれも誇ることのないためです。
10
実に、私たちは神の作品であって、良い行いをするためにキリスト・イエスにあって造られたのです。神は、私たちが良い行いに歩むように、その良い行いをあらかじめ備えてくださいました。2017)とあります。

<お祈り>
天のお父様。
あなたの御名を賛美します。
主と共に歩み続けることによって、主が私たちをあなたにふさわしくお整え下さいますからありがとうございます。
今日も主と共に歩むことができますよう祝福してください。
私たちの主キリスト・イエス様の御名で祈ります。アーメン。

2020年8月 8日 (土)

すべて疲れた人、重荷を負っている人はわたし(イエス・キリスト)のもとに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。

 マタイの福音書11章28‐30節には、「28 すべて疲れた人、重荷を負っている人はわたしのもとに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。29 わたしは心が柔和でへりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすれば、たましいに安らぎを得ます。30 わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからです。」(新改訳2017)と記されています。

 徳川家康は、「人の一生は重荷を負て遠き道をゆくがごとし」と語った、と言われています。

イエス様は、「重荷を負っている人はわたしのもとに来なさい。」「疲れた人は私のもとに来なさい。」と語られました。

イエス様は無責任ではありません。イエス様は、重荷を負っている人、疲れている人に、「わたしがあなたがたを休ませてあげます。」と語られました。

このイエス様のお言葉を信じ、イエス様のもとに来て、たくさんの人が救われました。

パウロはローマ人への手紙に、「主の御名を呼び求める者はみな救われる」のです。 (新改訳2017)と書きました。

 

さて、イエス様は、どの様にして安らぎを得させてくださると言ったのでしょうか?

イエス様は、「わたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。」と語られました。

マタイ10:29は、「あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすれば、たましいに安らぎを得ます。」というイエス様のお言葉を記しています。

イエス様のくびきを負うというのは、イエス様に合わせて、イエス様と二人三脚で歩くということです。

イエス様を信じた人が直ちにイエス様と二人三脚で歩くのはまず無理です。

イエス様と歩き続けることによって可能になります。

そのような人は平安に満ちて歩むことが出来るようになるのです。

イエス様は、「あなたがたの思いと心を安らかにしてあげる、それがわたしの贈り物です。わたしが与える平安は、この世が与える、はかない平安とは比べものになりません。」(ヨハネ14:27・リビングバイブル)と語られました。

その他のカテゴリー

Ⅰヨハネの手紙 Ⅰ歴代誌 Ⅱ歴代誌 アモス書 イエス・キリストのことば イザヤ書 ウェブログ・ココログ関連 エステル記 エズラ記 エゼキエル書 エフェソの信徒への手紙 エペソ人への手紙 エレミヤ書 オバデヤ書 ガラテヤ コロサイ コロサイ人への手紙 ゼカリヤ書 ゼパニヤ書 ダニエル書 テトスへの手紙 テモテへの手紙Ⅰ テモテへの手紙2 ナホム書 ネヘミヤ記 ハガイ書 ハバクク書 ピリピ人への手紙 ピレモンへの手紙 ヘブル ヘブル人への手紙 ペット ペテロの手紙Ⅰ ペテロの手紙2 ホセア書 マタイによる福音書 マラキ書 ミカ書 ヤコブの手紙 ユダの手紙 ヨエル書 ヨシュア記 ヨナ書 ヨハネの手紙Ⅱ ヨハネの手紙Ⅲ ヨハネの福音書 ヨブ記 ルカ ルツ記 レビ記 ローマ人への手紙 伝道者の書 使徒の働き 信仰 共観福音書 出エジプト記 創世記 哀歌 士師記 平安 悪しき霊 救い 救いと裁き 救いの確かさ 救い・救われたい方へ 日ごとの恵み 日ごとの恵みXⅢ 日ごとの恵みⅡ 日ごとの恵みⅢ 日ごとの恵みⅣ 日ごとの恵みⅤ 日ごとの恵みⅥ 日ごとの恵みⅦ 日ごとの恵みⅧ 日ごとの恵みⅨ 日ごとの恵みⅩ 日ごとの恵みⅩⅢ 日ごとの恵みⅩⅣ 日ごとの恵みⅪ 日ごとの恵みⅫ 日毎の恵み15 日毎の恵み16 日毎の恵み17 日毎の恵み18 日毎の恵み19 日記・コラム・つぶやき 民数記 申命記 箴言 終末 終末預言 経済・政治・国際 聖化 詩編 趣味 雅歌 黙示録 黙示録(2回目) 1コリント 1サムエル記 1テサロニケ 1列王記 2コリント 2サムエル記 2テサロニケ 2列王記

カテゴリー

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ